【ドラクエウォーク】盗賊の「野盗の心得」が強力!効果を詳しく解説します。

ドラクエ ドラクエウォーク

ドラクエウォークの職業の中で、注目度がイマイチな盗賊。

その分情報量も少ないですが、実際盗賊を使ってみたところ、盗賊がレベル15で覚える野盗の心得が強力・便利だということがわかりました。

そんな野盗の心得の効果を具体的に、詳しく解説します。

【ドラクエウォーク】盗賊の「野盗の心得」が強力!効果を詳しく解説します。

野盗の心得の効果は、オフィシャル情報では次のようになっています。

一定ターン行動前にHPを回復する盗賊の技術

これがどういう効果かを一言で言うと、野盗の心得のスキルを使用した次のターンから、4ターン自動でホイミをかけ続けてくれる効果ということになります。

どういう効果なのか、具体的に見ていきましょう。

仕様

野盗の心得は、使用したターンは何も起こりません。

使用した次のターンから、4ターン続けて、行動前にホイミ相当のHP回復を行います。

1度スキルを使用すれば、その後の4ターンは回復の恩恵を受けながら、別の行動(攻撃・スキル・道具)を行うことが出来ます。

回復量

野盗の心得で1ターンに回復できる量は、だいたいホイミ相当だと思われます。

また、野盗の心得は回復呪文の扱いのようで、その回復量はかいふく魔力に依存しているようです。

モンスターのこころでかいふく魔力のステータスを調整して実験してみたところ、次のような結果でした。

  • かいふく魔力35 → HP回復量23
  • かいふく魔力71 → HP回復量40

よって、キャラクターのかいふく魔力のステータスが上がれば、それに従って回復量も増えていきます。

固定回復ではないので、長く使うことが出来ますね。

野盗の心得の強い点・便利な点

このような仕様を持つ野盗の心得ですが、どのような点が強いor便利なのでしょうか。

実際に私が使ってみて、「これはすごいな!」と感じた点は次の5点です。

  1. 4ターン回復しながら攻撃ができる
  2. シャドーステップとあわせて鉄壁の前衛が作れる
  3. W回復ができる
  4. 無限回復状態を作れる
  5. 消費MPが少ない

順番に見ていきましょう。

①4ターン回復しながら攻撃ができる

野盗の心得を使用した次のターンから4ターンは、自動でHPを回復しながら別の行動を取ることが出来ます。

そのため、HPを回復しながら攻撃をすることができるのです。

他の職業であれば、回復をするターンは回復しかできないし、攻撃をするターンは攻撃しかできません。

しかし、盗賊であれば、最初に野盗の心得を使ってしまえば、その後4ターンは回復と攻撃を同時に行うことが出来るのです。

②シャドーステップとあわせて鉄壁の前衛が作れる

ボス戦は、敵の攻撃も強力になります。

特に前衛2人は、敵の攻撃を非常に受けやすく、高い耐久力を必要とする壁役としての役割が大きいです。

そこで活躍するのが、盗賊がレベル5で覚えるシャドーステップです。

野盗の心得を使用した後の、回復しながら自由に行動できるターンを使って、シャドーステップで回避率を上げておけば、敵の攻撃をかわすうえに毎ターンHPを回復していく鉄壁の前衛を作ることが出来ます。

シャドーステップは2回まで積むことができ、シャドーステップを2回積むと、結構な確率で敵の物理攻撃をひらひらと回避してくれます。

ただし、相手の呪文や息攻撃は回避することはできません。

③W回復ができる

野盗の心得を使用した後は、回復の恩恵を受けながら自由に行動することが出来ます。

そのため、HPが1の大ピンチ!になったとしても、まずは野盗の心得で自動回復し、その後やくそうなどを使ってダブルで回復をおこない、一気にHPを立て直すなんてこともできちゃいます。

非常に高い耐久力が期待できますね。

④無限回復状態を作れる

野盗の心得の効果は、4ターン目の自動回復を行った時点で切れてしまいます。

そこで、効果が切れる4ターン目に野盗の心得を使えば、次のターンからまた自動回復を始めてくれるので、無限回復状態を作ることが出来ます。

これを使えば、HPが高いボス相手に粘り勝ちをすることも可能になってきます。

⑤消費MPが少ない

これだけ強力・便利なスキルでありながら、消費MPはなんとたったの10

ホイミ2回分の消費MPしか使いません。

ホイミ2回分のMPでホイミを4ターンかけることができ、しかもその間は行動が自由になると考えると、非常にコスパの良いスキルだと思いませんか?

これなら、MP消費をあまり気にすることなく、積極的に使っていくことができます。

まとめ

以上、ドラクエウォークの盗賊がレベル15で覚える野盗の心得が非常に強力・便利だったので、その具体的な効果を詳しく解説しました。

1回使えば、その後4ターンにわたって自動でHPを回復してくれ、その間は行動が自由になります。

また、回復量はかいふく魔力依存のため、レベルアップやステータスの高いモンスターのこころを集めることで回復量をアップさせることも可能。

シャドーステップと併用して鉄壁の前衛を作ったり、やくそうと自動回復を組み合わせて一気にHPを立て直したり、無限HP回復状態を作り出してボス相手に粘り勝ちを狙ったりと、工夫次第で色々な使い方ができそうです。

私は、この野盗の心得のスキルが便利過ぎて、パーティ4人を全員盗賊に転職させて冒険を進めています。

皆さんも、意外に優秀な盗賊と、その強力スキルである野盗の心得をぜひ使ってみてくださいね。