FP試験当日の服装の注意点。1番重要なのは意外なアレ!

いよいよ明日はFP3級・FP2級の試験日だ・・・と少し緊張しているときに、ふと浮かぶ疑問。

「FP試験って、何を着ていけばいいんだろう?」

そんな風に心配になっている人はいませんか?

そこで今回は、

  1. 服装は普段着?スーツ?
  2. 意外な服装の注意点

の2点について、実際にFP3級・FP2級試験を受検してきた経験をもとに解説したいと思います。

この記事を見れば、服装で失敗することはありません!

FP試験当日の服装は普段着+歩きやすい靴!

FP試験当日の服装は、普段着+歩きやすい靴で行くのが鉄板です。

それぞれについて詳しく説明しますね。

服装は普段着でOK

まず服装についてですが、こちらは普段着で問題ありません。

試験官の印象が合否に影響するのではないか・・・?と心配する方もいらっしゃるかもしれませんが、ただの筆記試験ですので、服装は合否に影響しません。

試験官もそんなことをチェックしている様子はありませんので、安心してください。

私が受検した試験会場では、受検生のほとんど、目算で99%ぐらいが普通の私服でしたね。

たま~にですが、きっちりスーツを着込んだ男性も見かけました。

要は、周囲に迷惑をかけそうな奇抜なファッションでなければ、着たい服を着ていけば良いと思います。

おすすめは、動きやすい、楽な服装ですね。

歩きやすい靴を履いていくこと!

そして、こちらが意外と重要なポイントなのですが、スニーカーなどの歩きやすい靴を履いていくことをおすすめします。

その理由なのですが、試験会場によっては、FP試験って、思った以上に歩くんですよ・・・。

駅から試験会場まで結構歩く

どんな資格試験でも大抵そうだと思いますが、自家用車で試験会場まで行くことはできません。

よって、必然的に電車などの公共交通機関を使うことになるのですが、最寄り駅から試験会場まで10分~15分ほど歩くことはザラにあります。

そのため、歩きにくい靴で行ってしまうと、試験会場に着くころには足が痛くなっていたり、疲れてしまっていることも・・・。

しかも、なんと試験会場に着いてからも歩きます!

エレベーターが大渋滞で階段を上がる

最近はFP試験の人気の高まりを受け、受検者が急増しています。

それに対し、県によっては試験会場が1~2箇所しか用意されていないこともあります。

試験会場の中にはそれほど大きくない施設もありますので、そこにたくさんの受検生が一度に集まると何が起こるか・・・。

そう、エレベーターの大渋滞です。

そのため、「皆さん、階段も使ってくださ~い!」というスタッフの声が響くわけです。

2F・3Fならまだいいのですが、5F・6Fまで階段で上がる場合も・・・。

いかがでしょうか?歩きやすい靴を履いていくことの重要性、わかっていただけましたでしたか?

【関連記事】【忙しい社会人へ】FP3級のおすすめオンライン通信講座「スタディング」を紹介

【関連記事】【忙しい社会人へ】FP3級に独学で合格したおすすめテキスト・問題集

※腕時計もお忘れなく

最近はスマホを時計代わりに使う人も増え、日常的に腕時計をしない人も増えていると思います。

しかし、当然ながら、試験中はスマホを時計代わりに使うことは出来ません。

試験中に使用が認められている時計は、腕時計(スマートウォッチ等は不可)だけです。

腕時計を持っていない人は、早めに準備しておきましょう。

参考に、Amazonで評価が1番高いメンズ腕時計・レディース腕時計を紹介しておきます。

どちらも3,000円程度で買えますよ。

【関連記事】【忙しい社会人へ】FP2級のおすすめオンライン通信講座「スタディング」を紹介

【関連記事】【忙しい社会人へ】FP2級に独学で合格したおすすめテキスト・問題集

まとめ

以上、FP3級・2級試験当日の服装の注意点について解説してきました。

FP試験には、ほとんどの人が普段着で来ています。

FP試験は、最寄り駅から試験会場まで結構歩くこともありますし、会場によっては着いてからも階段を上がる必要があります。

そのため、動きやすい服装・歩きやすい靴で行くのがおすすめです。

その点を考慮して、自分の力を100%発揮できる服装で試験に臨んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください