もう悩まない!FP3級を独学で勉強するときの基本戦略

戦略

FP3級を独学で勉強しようと考えて、テキストや問題集を買ってきた。

でも、「イマイチ勉強の仕方がわからない。」「自分の勉強方法に自信が持てない。」「なんか全然覚えられなくて不安なんですけど・・・。」

そんな風に思っている人はいませんか?

そこで、本日はFP3級に90%以上の得点率で合格した過程で身につけた、FP3級を独学で勉強するときの基本戦略をババーンと公開しちゃいます。

テキスト1周からの過去問読み込みが基本戦略

FP3級独学の基本戦略、それは、テキストを1回読んだ後、過去問題集を読み込んで覚えてしまうことです。

ひとつひとつ、順にご説明しますね。

1.テキストをまず1回読む

まず、FP3級用のテキストとして売られているものを買ってきて、ひととおり読みます。

この時購入するものは、できるだけ薄めで、わかりやすいテキストがいいでしょう。

テキストを読む目的はFP3級という世界をなんとなくでも良いので理解すること。

ここで頑張って覚える必要はありません。

内容がだいたい理解できればOKで、これが後々効いてきます。

2.過去問題集を繰り返し読む

テキストをひととおり読んだら、過去問題集を徹底的に読み込みます。

この、過去問題集を読み込む作業の段階で、試験合格に必要な知識を覚えていきます。

その時に意識するのは次の3つです。

1.考えずにすぐ解答・解説を読む

問題集を解くというと、自分で解いて、答え合わせをして、解説を読んで復習するというイメージをお持ちかもしれませんが、その方法はおすすめしません。

なぜなら、時間がかかるからです。

極論を言えば、最終的に試験会場で正解を選べればよく、この段階で正解を選べるかどうかというのは、はっきり言ってそれほど重要ではありません。

それよりも、この段階では過去問を理解し、覚えていくスピード感の方が大事です。

そこで、問題を読んだらすぐに解答・解説を読んで、過去問題集をテキストだと思って読み込むようにしましょう。

2.計算問題は手を動かす

知識問題は問題・解答・解説を読むだけでOKですが、計算問題は、自分の手を動かして解いてみることがとても大切です。

理由は次の2つです。

①計算に慣れていないと計算ミスを起こしやすいから。

知識問題はしっかり覚えた知識をうっかり間違えるということはあまり起こりませんが、計算問題は、慣れていないと計算の途中で計算ミスを起こすことがあります。

しっかり電卓を叩いて計算に慣れておくことが必要です。

②手を動かした方が覚えやすいから。

計算問題は、計算手順を文章を読んで覚えようとするよりも、実際に計算しながら覚えた方が覚えやすいです。

もちろん最初から自力で解く必要はなく、解説をなぞるように自分でも計算してみるだけで、効果があります。

3.最低3回は繰り返す

過去問題集を1回やっただけで覚えられる人はほとんどいないでしょう。

むしろ、「全然覚えられないけど大丈夫かな?」と不安に思う人が多いのではないでしょうか。

1回目で覚えられないのは普通のことです。

2回目で比較的得意な分野が記憶に残り始め、3回目ぐらいで知識の定着を感じられるはずです。

もちろん、余裕があれば4回、5回と繰り返すことで、その知識はより強固に定着していきます。

関連記事

FP3級試験のおすすめのテキスト・問題集はこちらにまとめました。

この基本戦略が有効な理由

以上、FP3級の独学の勉強基本戦略をご説明しました。

それでは、なぜこの基本戦略が上手くいくのでしょうか。

私は次の2点がその理由だと思っています。

1.重要過去問を解けるようにしておけば受かる試験だから。

FP3級は過去問と同じような問題が繰り返し出題されます。

もちろん過去問にはない、新しい問題も出題されますが、過去問の知識で正解できる問題を解くことができれば、合格点に届く試験になっています。

そのため、試験に出る問題を、試験に出る形のまま覚えるのが一番早くて効果的なのです。

2.テキスト一読で過去問のハードルを下げてあるから。

過去問の攻略がいくら重要だと言っても、いきなり予備知識のない分野の過去問と解答・解説を読み込んで、覚えていくという作業をするのは苦痛に感じる人が多いと思います。(ただ、実際にその戦略で合格する人は一定数いるようです。)

そこで、勉強の始めに、できるだけ薄めで、わかりやすいテキストを読むという作業を入れてあります。

これによって、FP3級の世界というものをなんとなく理解することができ、過去問に取り組むときのハードルをグッと下げることができるのです。

FP3級を独学するときの注意点

このような戦略で独学を進めていただければ、必ずFP3級の試験に合格することができます。

ただ、独学はたった1人で勉強するため、注意しないと罠にはまってしまうことも。

FP3級の独学をするときは、次の2点に気をつけてください。

1.テキストにはまらないように注意

この基本戦略では勉強の最初にテキストの一読を持ってきていますが、資格試験では一定数、テキストにハマってしまう人が現れます。

つまり、テキストを一読ではなく、二読、三読、四読としてしまい、なかなか過去問題集に進まないのです。

「私はまだ実力がついていないから、実力がついてから過去問を解こう」という考えが抜けない人がいます。

もちろん、テキストには試験に出るところが書いてありますから、テキストの読み込みでも実力はつきます。

しかし、試験にはで出ない記述部分も多いですし、試験に出る形では書かれていません。

そのため、過去問の読み込みで、試験に出る問題を、試験に出る形のまま覚えたほうが早いのです。

テキストの一読でチンプンカンプンであれば、二読ぐらいはしても良いとおもいますが、テキストは早めに切り上げて、過去問題集に移りましょう。

2.スピード感を持って、集中して勉強することを意識

これは、テレビを見ながら勉強しちゃいけないとか、静かなところで集中して勉強しなくちゃいけないとか、そういうことを言っているわけではありません。

テキストの一読にしても、過去問題集の読み込みにしても、読むのに日数をかけ過ぎてしまうと、読んだ内容をどんどん忘れてしまいます。

極端な話ですが、過去問題集を1日1問読み、1冊を1年間かけて読んだとします。

当然、最初に戻るころには、最初の問題は完全に記憶がなくなっています。

これを繰り返しても、なかなか記憶には定着しません。

「見たことはあるな」ぐらいのわずかな記憶でも良いので、記憶がある状態で何度も繰り返すことで知識は定着します。

そのため、スキマ時間などもかき集めてできるだけ勉強時間を作り、スピーディーに過去問題集を回すことが大切です。

関連記事

「なんだか独学って難しそう・・・。」この記事を読んでそう感じた方は、オンライン通信講座に頼ってしまうのもアリです。

あらかじめ決められたカリキュラムに沿って、動画講義の視聴・問題演習を行っていけば、合格できるように作られています。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

まとめ

FP3級の独学での勉強方法がわからなくて困っていた人、勉強に行き詰まっていた人、参考になりましたでしょうか。

私はこの勉強戦略で本番で90%以上得点できましたし、みなさんもこの方法で必ず合格できると信じています。

勉強方法に迷ったときは、ぜひこの記事を読んで、合格まで突っ走ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください