【1ヶ月で合格】FP3級試験の超具体的な勉強方法

FP3級試験に独学で挑戦しようとしている人は多いと思いますが、「勉強方法がわからない」「自分の勉強方法で成果が出るのか自信が持てない」と困っている方はいませんか?

資格スクールや通信教育は独学と比べて費用がかかりますが、多くの合格者を輩出した独自のカリキュラムや教材が決まっていますから、その通り勉強していけば合格できるという安心感があります。

一方、独学の場合は学習費用が安く、自由度も高いですが、どうやって勉強すればいいのかアドバイスをもらう機会も少なく、勉強方法に悩むことも多いかもしれませんね。

そこで、本日はそんな悩める独学者に贈る、【1ヶ月で合格】FP3級試験の超具体的な勉強方法をご紹介していきたいと思います。

私も試行錯誤しながら独学で勉強し、その結果、学科試験も実技試験も90%以上の得点率で合格しました。

その経験をもとに、使用する具体的な教材からその使用方法、目安の学習期間まで、超具体的にお伝えしていきます。

【1ヶ月で合格】FP3級試験の超具体的な勉強方法

まずは、使用するテキスト・問題集の紹介です。

使用するのは次の2冊です。

  1. スッキリわかるFP技能士3級
  2. TAC直前予想FP技能士3級

それぞれの役割として、まずはスッキリわかるFP技能士3級のテキスト部分で試験範囲の内容を理解し、問題集部分で合格ライン突破の実力をつけます。

その後、TAC直前予想 FP技能士3級を使って演習量を増やし、高得点で合格できる実力を養います。

この2冊をやり切れば、単なる合格ではなく、合格ラインを大きく超えた余裕合格が実現するはずです。

それでは、この2冊を使った具体的な勉強方法、勉強スケジュールを紹介していきます。

勉強スケジュール・勉強方法

まずは1ヶ月の勉強で合格するための前提ですが、次の2つを想定しています。

  1. 学生や社会人で、平日は忙しく、平日に取れる勉強時間は1~2時間
  2. 週末土日は比較的余裕があり、3時間程度、勉強時間が取れる

だいたいこの条件に合致する人が、余裕をもって無理なく進められるスケジュールになっております。

本業の仕事や勉強が忙しく、こんなに勉強時間が取れない人は、勉強期間を伸ばす必要がありますし、もっと時間が取れる人は、さらに短い期間で合格することも可能です。

ただし、そもそも本を読むスピードにも個人差があるので、この勉強時間や期間は目安として考えてください。

1週目の勉強方法「テキストの通読」

1週目は、まずスッキリわかるFP技能士3級を最初から一度、通読します。

これは、FP3級について初めて勉強する人が、FP3級とはどんな内容なのかをざっくり理解するための勉強です。

第1章から第6章(学科試験対策)はすべて読んでください。

第7章から第9章は実技試験対策ですが、自分が受ける科目の章だけを読み、他の章は読む必要はありません。

各項の最後に問題演習がついていますが、こちらもしっかり読むようにしてください。

問題文を読んだら、すぐに解答解説を読みます。

問題演習と言われると答えを隠して自力で解かなければならないと思う人がいるかもしれませんが、この時点では自力で解ける必要はこれっぽっちもありません。

自力で解く時間を節約してすぐに解答解説を読み、まずは通読しきるのが大切です。

1日1章やれば、ちょうど1週間で終わります。

遅れてしまった人も、週末で挽回するようにしましょう。

2週目の勉強法「ひたすら問題を読む」

2週目は、スッキリわかるFP技能士3級の問題演習部分だけを読んでいきます。

FP3級合格のためには過去問攻略が一番大切です。

そこで、2週目はスッキリわかるFP技能士3級に載っている過去問を完璧にする作業を行います。

この時も、1週目と同様に、問題文を読んだらすぐに解答解説を読んでください。

ただし、計算問題だけは、解説を見ながらでもいいので、実際に自分の手で計算をしてみることが大切です。

解説を読んでもどうしても理解できないところは、直前のテキスト部分を読み直してください。

ただ、ある程度は「こういうものなんだ」と割り切って覚えてしまうことも大切です。

1回通読してあるにも関わらず、意外と覚えていないと焦るかもしれませんが、そんなものです。

気にせずガンガン進みましょう。

最後まで読み終わったら、また最初から問題演習部分だけを読みます。

問題演習部分だけの通読も2回目に入ると、意外と覚えていることが実感できると思います。

2週目は、問題演習部分だけの通読を最低2回、できれば3回以上、行ってください。

スッキリわかるFP技能士3級に載っている問題であれば、ほとんど解ける・・・そんな状態になったら、この教材は卒業です。

そして、驚くかもしれませんが、すでにあなたは、合格ライン(60%)を超える実力を身につけているはずです。

3週目「予想模試で演習量を増やす」

スッキリわかるFP技能士3級をマスターしたら、次はいよいよTAC直前予想 FP技能士3級を使って本番形式の実践演習を行っていきます。

TAC直前予想 FP技能士3級は学科試験3回分と、実技試験1回分の予想模試が収録されています。

3週目は、学科試験1回分と、実技試験1回分を、実際に時間を計って解いてみます。

結果はどうですか?スッキリわかるFP技能士3級を完璧にしていれば、ほとんどの人が60%の合格ラインを超えているのではないでしょうか。

さて、合格ラインを突破したとしても、そこで安心してはいけません。

大切なのはここからです。

学科試験1回分と実技試験1回分を解き終わったら、すべての問題文と解答解説を読むというおなじみの作業を行います。

この作業によって、すでに知っていた知識をより深く覚え、スッキリわかるFP技能士3級に出てこなかった知識を肉付けしていきます。

すでにFP3級の実力が備わっているあなたであれば、問題文と解答解説を2回ほど通読すれば、今回解いた模試も、ほとんど全問正解できるようになるでしょう。

もちろん、時間に余裕があれば、3回以上通読すると完璧です。

4週目「予想模試を仕上げる」

4週目も引き続きTAC直前予想 FP技能士3級を使用します。

残りの学科試験2回分を本番形式で時間を計って解き、その後、これまでと同様に問題文と解答解説を2回ほど通読する作業を行います。

この段階になれば、安定して合格ラインを突破しているはずです。

これまでの勉強の完成度が高ければ、80%、90%の得点も狙えるでしょう。

残りの学科試験2回分の予想模試も満点を取れるようになったら、あなたはすでに絶対に合格できる力を身につけています。

自信をもって受検してきてください。

時間に余裕がある人におすすめの追加学習

これまで紹介してきた勉強で、合格できる実力を十分身につけているはずですが、「それでもまだ不安なんだ!」「時間がまだあるからもっと勉強したい!」という方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方におすすめの、追加学習方法を2つ紹介します。

  1. これまでに解いた問題の見直し
  2. TAC直前予想 FP技能士3級の計算ドリル

順に説明していきますね。

これまでに解いた問題の見直し

悲しいですが、人は忘れていく生き物です。

どんなに完璧に勉強を仕上げても、しばらく勉強していないとどんどん忘れていきます。

そこで、時間が余った場合は、過去に取り組んだ問題の見直しをしましょう。

例えば、TAC直前予想 FP技能士3級を仕上げたのであれば、その前に取り組んだスッキリわかるFP技能士3級の問題文・解答解説をもう一度読んでみるなどして、これまでに勉強した範囲の内容を忘れないようにしてください。

TAC直前予想 FP技能士3級の計算ドリル

これまでに勉強した内容が完璧になっており、そこから学べることはもうないという状態になったら、新しい問題に手を出します。

TAC直前予想 FP技能士3級には、計算問題を集めた計算ドリルのコーナーがありますので、それを攻略します。

各章の冒頭に、過去3回の試験での出題歴が載っていますので、自分の受ける科目で1度も出題されていない問題は、解く必要はありません。

これにより、主に実技試験の計算問題への対応力がさらに強化されます。

私は最終的にここまでやった結果、学科試験も実技試験も本番で90%を超えました。

ここまでくればトップレベルでの合格が狙えます。

絶対に合格したい!余裕をもって合格したい!という方は、ぜひこのレベルを目指してください。

関連記事

今回は参考書を使用した学習方法を紹介しましたが、カリキュラムが整っているオンライン通信講座を利用するというのもアリです。

動画講義を視聴し、スマホで過去問・模試をひたすら繰り返せば、合格ラインに到達できると思います。

まとめ

以上、独学での勉強方法がわからずに困っている方に向けて、私の経験をもとに、FP3級試験合格への1つの勉強ルートを提案させていただきました。

基本的に、FP3級はテキストを一読して、過去問題集を1冊完璧にすれば合格ラインに到達する試験です。

そこで、いくつか教材を試したり比較した結果、もっとも効率よく勉強できると感じたスッキリわかるFP技能士3級を軸に、確実な合格、高得点での合格を目指す方のために、TAC直前予想 FP技能士3級を追加した勉強方法を紹介しました。

勉強方法で迷子になってしまっている人は、ぜひこのルートを参考にして、合格をつかんでほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください