FP3級って役に立つ?役に立たない?取得するメリットを解説

FP3級は役に立つ?メリット解説

FP3級の資格に興味があるものの、そもそもFP3級って役に立つのかな・・・?

そんな疑問を抱いて一歩を踏み出せない人、多いんじゃありませんか?

資格を1つ取得するということは、自分のかなりの時間を投資するということ。

どうせなら、役に立つ資格を取得したいですよね。

そこで本日は、私がFP3級に合格して実際のところどうだったかという実体験もふまえ、FP3級は役に立つ資格なのかどうか、お話ししたいと思います。

FP3級って役に立つ?役に立たない?取得するメリットを解説

FP3級は役に立つ?

結論としては、FP3級が役に立つ場面はとても多いですが、やはりFP3級を取得する目的によると言えます。

そこで、FP3級が役に立つ資格なのかどうかについて、次の3つのシーンにわけて解説していきます。

  1. 日常生活
  2. 仕事
  3. 就職・転職

さっそく見ていきましょう!

FP3級は日常生活で役立つことが1番多い!

私たちが生活するうえで、お金の知識は欠かすことができません。

特に社会人として独立したり、結婚して子供が生まれたりすると、家計の管理もしなくちゃいけないし、保険やマイホームのことも考えないといけないし、資産運用についても興味が出てきたりします。

しかし、誰もが必要なこれらのお金の知識は、学校では教えてくれないので、困ってしまう人や失敗してしまう人が後を絶たないのです。

FP3級の試験を受ける時は、これらのお金の知識を基礎から勉強していく貴重な機会になります。

私も社会人になって資産運用を始めたり、結婚して保険加入やマイホーム購入をしましたが、その時にはFP3級試験で勉強したことがとても役に立ちました。

FP3級を取得する1番のメリットは、とても大切なのに勉強する機会がなかなかないお金の知識を、基礎から勉強できるということだと思います。

FP3級は仕事で役立つことも意外と多い

このように日常生活では大活躍のFP3級の知識ですが、仕事でも意外と役に立つことがあります。

保険業界や金融業界、不動産業界で働いている人は当然ダイレクトに仕事に生かせますし、そういう業界と仕事上取引をする場面でも役に立ちます。

他にも、健康保険・雇用保険・労災保険などの知識は、人事系の仕事をしている人の役に立ちそうですよね。

FP試験の特徴といえば、お金に関するありとあらゆる知識ということで、範囲がとても広いことです。

そのため、意外と仕事中に、「あっ、これFPの勉強内容で出てきたな」ということがチラホラ起こります。

FPとして働かない場合でも、仕事でプラスになる場面は多いです。

FP3級が就職・転職で直接有利になることは少ない

「FP3級を取って、就職や転職を有利にするぞ!」と意気込んでいる人もいるかもしれませんが、そういう人にとっては、FP3級の資格はあまり役に立たないかもしれません。

FP3級は合格率も高く、短期間で取得できる資格なので、取ろうと思えばほとんどの人が取れる資格です。

そのため、「FP3級を取得しているから採用時に優遇しよう」とはなりにくいと思います。

事実、求人情報を見ても、「FP3級取得者を優遇」としている求人はほとんど見かけませんね。

ただし、「FP2級取得者を優遇」としている求人はたまに見かけるので、FP2級へのステップアップを前提としたFP3級の取得であれば、とても有意義だと思いますよ。

また、FP3級までしか取得できていなかったとしても、FP資格の関連業界(FP事務所・保険・不動産など)への就職・転職を目指す場合は、やる気のアピールには使えるかもしれません。

逆に、FP資格と関係のない業界への就職・転職を目指す場合には、FP資格をどこまでステップアップしても、あまり役には立たないので注意してください。

「プログラマーになりたくて、とりあえずFP3級の資格を取ってみました!」と面接で話してみても、面接官の印象が良くならないことは、簡単に想像できますよね。

FP3級は取得すべき?FP3級を取るべき人

FP3級は取得すべき?

FP3級を取得するメリットについて紹介してきましたが、「結局のところ、私はFP3級を取った方が良いんだろうか・・・?」と決めかねている人もいるかもしれませんね。

そこで、FP3級を取るべき人、取るべきではない人について、解説したいと思います。

FP3級の資格を取るべきではない人

FP3級の資格を取るべきではない人は、ずばり、「就職・転職活動を有利にしたい」と考えている人です。

FPの資格は毎年たくさんの人が受検し、資格雑誌などでもよくおすすめされる人気資格ではありますが、就職・転職活動ではあまり役に立ちません。

その理由として、FPの資格には独占業務がないことが挙げられます。

例えば、弁護士としての業務は司法試験に合格していないとできないですし、医者は医師免許が必要です。

不動産事務所は、5人に1人は「宅建士」の資格を持つ人を置かなければいけません。

このように、業務を行うために資格を取ることが法律で決まっている場合には、資格を持っている人の需要が高まるわけです。

しかし、「FPの資格を持っていないと業務をしてはいけません」と法律で決まっている仕事はありません。

そのため、FPという資格は、どうしても「ないよりはあった方が良い」というポジションになってしまい、就職・転職のアピールとしては弱いわけです。

あなたが就職・転職したいところがFPの資格を優遇する方針であれば、ぜひFP3級の取得を目指してほしいですが、そうでないなら、他のことに時間を使った方が就職・転職が成功する可能性は高くなると思います。

FP3級の資格を取るべき人

FP3級の資格を取るべき人は、「お金の知識を身につけたいけど、どうしたら良いかわからない!」と困っている人です。

私が完全にこのパターンだったので、FP3級の資格を取ってとても役に立ちました。

私がFP3級を目指したキッカケは、結婚してそろそろ保険に入ろうかと考えた時に、保険について何もわからなくて困ったからです。

保険について、私の中には「素人が知識もなく申し込みに行くとなんか騙されそう」みたいな偏見があり、しっかり勉強してから申し込みたいと思っていました。

保険のカラクリ的な本も読んだのですが、そもそも保険についての基礎知識がまったくなかったのでイマイチしっくり来ず困っていた時に、「そうだ!FPの勉強をしたら保険のこともわかるかも!」と思いついたのです。

結果、FP3級のテキストが当時の私にちょうど良い教材になり、営業マンに「よく勉強されている(汗)」と言ってもらえてうれしかったことを覚えています。

その後、マイホームの購入を検討する時も、FP3級の不動産分野で勉強した内容が役に立ちましたし、あのタイミングでFP3級の勉強をしておいて本当に良かったなと感じています。

FP3級で勉強する内容は、正直、義務教育レベルで大切なことだと思いますが、自分から「知りたい!」と思った時に勉強するのが1番身につきます。

あなたも私と同じように、これまで勉強する機会のなかったお金の知識について勉強してみたいと思っているなら、FP3級はとてもおすすめの資格です。

FP3級を取得するメリットのまとめ

FP3級を取得するメリットまとめ

以上、FP3級の資格は取得して役に立つのか、役に立たないのかという疑問に対して解説してきました。

FP3級試験は、お金の幅広い知識が問われる試験です。

そのため、日常生活やビジネスシーンでも、FP3級で学んだ知識が役に立つことはたくさんあります。

一方、就職活動や転職活動のアピールポイントして使うには、少々物足りないことも事実です。

FP3級は、資格そのものに価値があるというよりは、学べる内容に価値があります。

もし、お金の知識について基礎から勉強してみたいと思っているなら、ぜひFP3級試験に挑戦してみてください。

»FP3級テキスト・問題集おすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください