投資信託とETFどっちが良いの?比較してみました。

比較

インデックス投資を行ううえで、購入する金融商品は投資信託とETFの2つの選択肢があります。

インデックス投資には、投資信託とETF、はたしてどちらが適しているのでしょうか。

本日はそんな疑問を抱えている方のために、投資信託とETFのどちらでインデックス投資をすべきが解説したいと思います。

ETFよりも投資信託の方が断然おすすめ!

結論から言うと、現在はETFよりも投資信託の方が断然おすすめになっています。

その理由を明らかにするために、まずは投資信託とETFの違いを簡単にご説明し、その後、投資信託をおすすめする理由をお話ししましょう。

投資信託とETFの違い

投資信託もETFも、本質的には変わりません。

どちらも私たちのお金をプロの運用会社が運用してくれる投資信託です。

それでは投資信託とETFの何が違うのか。

それは、ETFを日本語にしてみるとよくわかります。

ETFはExchange Traded Fundsの略で、日本語にすると「上場投資信託」という意味です。

その名の通り、ETFは上場されています。

そのため、リアルタイムで値段が変わり、株式と同じように手数料を払って指値で取引することが出来ます。

その点、投資信託は1日1回決まる値段でしか取引できませんよね。

そして、保有している間は信託報酬がかかるなど、そういった点は投資信託もETFも変わりません。

ETFよりも投資信託をおすすめする理由

ETFよりも投資信託をおすすめする理由については、私が推奨する超シンプルインデックス投資法というインデックス投資を行う場合、それ以外の一般的なインデックス投資を行う場合にわけて説明します。

超シンプルインデックス投資法では、なぜ投資信託がおすすめなのか。

超シンプルインデックス投資法において、投資信託をおすすめする理由はたった1つです。

超シンプルインデックス投資法において推奨している全世界株式(日本を含む)のETFが存在しないからです!

投資信託なら全世界株式(日本を含む)の商品がありますので、必然的に投資信託を選ばざるを得ないというわけです。

一般的なインデックス投資では、なぜ投資信託がおすすめなのか。

一般的なインデックス投資において、投資信託をおすすめする理由は、インデックスファンドの進化によってETFのメリットがなくなってしまったからです。

以前は、投資信託とETFのメリット・デメリットについて次のように言われていました。

  1. ETFはリアルタイムで取引できるが、投資信託は1日1回決まる価格でしか取引できない。
  2. 投資信託(インデックスファンド)は買付手数料が無料だが、ETFは費用がかかる。
  3. 投資信託は少額から取引できるが、ETFはある程度まとまったお金が必要。
  4. ETFは信託報酬が安く、投資信託は信託報酬が高い。

まず、長期投資をするインデックス投資家にとって、①リアルタイムで取引できることはそれほど重要視されません。

次に、コツコツ積み立て投資を行うことが多いインデックス投資家は、②買付手数料が無料で、③少額から取引できる投資信託の方が好都合です。

しかし、長期保有するのであれば、④信託報酬が安いETFの方が有利になります。

このように、投資信託の方が便利ではあるが、まとまったお金を長期的に運用する場合は信託報酬が安いETFの方が有利だと言われていました。

そこで、まずは投資信託でコツコツと積み立て投資を行い、ある程度金額がまとまったところでETFに資金を移動する、「リレー投資」というものも考案されたのです。

しかし、それも今は昔。

現在は、インデックスファンドの進化によって、インデックスファンド(投資信託)の方が信託報酬が安くなってしまったため、ETFのメリットがなくなってしまったのです。

1つ例を挙げると、先進国株式に投資をするETFの信託報酬の最安値は、0.15%です。(上場インデックスファンド海外先進国株式・MAXIS海外株式上場投信)

一方、同じく先進国株式に投資をする投資信託であるeMAXIS Slim先進国株式インデックスの信託報酬は約0.12%と、投資信託の方がETFのコストを下回ってしまっています。(記事執筆時点)

つまり、ETFは投資信託に対して唯一のメリットであったコスト(信託報酬)でさえも、ここ最近は負けるようになってしまったため、ETFよりも投資信託の方がおすすめなのです。

まとめ

以上、投資信託とETFのどちらがインデックス投資に適しているのか、比較・解説してみました。

私が推奨する超シンプルインデックス投資法においては、そこで使用する全世界株式(日本を含む)タイプの商品がETFには存在しないため、投資信託を選ぶしかありません。

また、一般的なインデックス投資においても、投資信託の方が買付手数料が無料で、少額から投資できるという利点があるのに加え、最近ではETFのメリットであったコストの安さという点においても、投資信託の方が上回り始めました。

そのため、ETFに投資するメリットがどんどん少なくなっているのが現状です。

これから始める人は、投資信託(インデックスファンド)にしておけば間違いないというのが私の結論です。

参考にしてください。

初心者でも簡単!投資信託1つでプロにも負けないシンプルインデックス投資法へ戻る 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください