GPIFのアセットアロケーションの推移を調べてみた。リスクを取った結果、パフォーマンスが向上しています。

アセットアロケーション

個人投資家の中には、私たちの年金を運用するGPIFのアセットアロケーションを参考にしている人もいると思います。

また、GPIFのアセットアロケーションを再現することをコンセプトにしたiFree年金バランスのような投資信託も販売されています。

しかし、このGPIFのアセットアロケーションは、時代の流れとともに大きく変化してきたことをご存知でしょうか。

本日は、GPIFのアセットアロケーションがどのように変化してきたのか。

その結果、GPIFのパフォーマンスはどう変わったのかをご紹介したいと思います。

GPIFのアセットアロケーションの推移を調べてみた。リスクを取った結果、パフォーマンスが向上しています。

2001年に運用を開始したGPIFですが、そのアセットアロケーションはどんどんハイリスクになっています。

そして、リスクを取った結果、それに見合ったパフォーマンスの向上が見られています。

GPIFのアセットアロケーションの推移

まずは、2001年から2018年までのGPIFのアセットアロケーションの推移を見てみましょう。

GPIFアセットアロケーションの推移
出所:GPIFのデータを基に針井作成

GPIFが運用を開始した2001年には、資産のほぼ70%が日本国内債券で運用されてました。

外国株式は10%にも満たない水準です。

この頃の日本国債(10年)の金利は、1.5%前後ありました。

しかし、日本国債の金利は徐々に低下し、2012年に入って1%を切るようになると、その後は転がり落ちるように低下していきます。

この流れに対応するように、GPIFの「基本ポートフォリオ」は2014年10月に大きく見直され、国内債券の割合を減らし、国内株式・外国株式への投資割合を増やすことが決定されました。

その結果、2014年以降、アセットアロケーションにおける国内債券の割合は減少し続け、逆に国内株式・外国株式の割合は増加しています。

アセットアロケーションにおける株式割合と収益率の関係

このように、2001年の運用開始以降、国内債券の割合は徐々に減少し、国内株式・外国株式の割合が増加してきました。

アセットアロケーションが変化したことにより、パフォーマンス(収益率)どのような変化が起こったのか、分析してみましょう。

アセットアロケーションにおける株式割合と収益率
出所:GPIFのデータを基に針井作成

上の図は、アセットアロケーションにおける株式割合と収益率の関係を示したものです。

2014年10月の基本ポートフォリオの見直しによって、それまで40%未満だった株式(国内・海外)の割合が、40%を大きく超える水準へと引き上げられています。

そこで、40%未満の株式割合と収益率を青、40%以上の株式割合と収益率を赤で表示してみました。

株式の割合が40%未満だった2013年以前の平均収益率は2.68%、株式の割合が40%以上に引き上げられた2014年以降の平均収益率は4.55%となっており、株式の割合が引き上げられて以降、確実にパフォーマンスが向上しているのが見て取れます。

一般的に、株式の割合を増やすことで期待リターンが大きくなると言われますが、その効果は確かに出ているようです。

ただし、2001年~2013年の間にはリーマンショックがあり、その分平均収益率を引き下げる結果となっているので、もう少し長期的に見ていく必要はあることを申し添えておきます。

まとめ

以上、GPIFによる運用が始まって以降のアセットアロケーションの変化と、その変化が収益率に与えた影響について分析してみました。

GPIFは当初、その資産の大部分を日本国内債券で運用していましたが、国債の金利水準の低下に呼応するように国内債券の割合を下げ、株式による運用を重視したアセットアロケーションに変化していきました。

結果、アセットアロケーションにおける株式の割合が40%を超えて以降の年間平均収益率は、それまでの収益率を1.87%上回っています。

今後も、GPIFがどのようなアセットアロケーションで運用を行い、どのような結果を残すのか、注視していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください