ついに住宅購入を決断!「インデックスファンド2度目の全解約」

マイホーム

シンプルインデックス投資法に至るまでの私の紆余曲折・試行錯誤の歴史をお話しする企画の第9話です。

私の10年間の投資経験をお話しすることで、これから投資を始める皆さんのお役に立てれば幸いです。

第1話はこちら。

FP2級を取得し、総合的なお金の知識を身につけ、投資はライフプランニングの一手段に過ぎないと気づくことができました。

そして、いよいよ家族の幸福のために、ある決断をするのです。

ついに住宅購入を決断!「インデックスファンド2度目の全解約」

子供が成長し、家が狭くなってきたため、引っ越しが必要になりました。

そうすると、「このまま賃貸でいくか、住宅を購入するか」という話になります。

そして、私は住宅を購入することを決断し、インデックスファンドの2度目の全解約をすることになるのです。

子供が成長し、住宅購入を決意

夫婦2人で最初に借りた部屋は、子供が生まれてくることを想定しておらず、夫婦2人の生活にフィットしたサイズのところでした。

そのため、子供が成長し、子供に関する物も増えてくると、当然手狭になってしまい、引っ越しを検討することになりました。

さて、そこで問題になってくるのが、「次も賃貸で行くのか、これを機に住宅購入をするのか」ということです。

最初は賃貸を調べてみましたが、車を持っていない私たちは駅近必須。

徒歩圏内で買い物にも行ける便利な環境で、市の中央にある職場にも通勤しやすく、広々としていて・・・といった条件をどんどん加えていくと、物件はどんどん少なくなっていき、家賃はどんどん上昇するという結果に。(笑)

これは賃貸は難しいなと考え、思い切って住宅購入も視野に考え始めました。

すると、私たちの希望する条件に当てはまり、予算的にもなんとか許容できる範囲の戸建てが偶然見つかり、そこを購入することを決意したのです。

賃貸か購入か・戸建てかマンションか

私たちは子供の成長に伴い、住んでいる家が手狭になったことから、引っ越すことはどうしても必要でした。

そして、賃貸も購入も両方を視野に考えたのですが、私たちの希望を満たすのは戸建ての購入だったというわけです。

もしも子供が生まれておらず、夫婦2人のままなら、当時借りていた賃貸に住み続けたでしょう。

もし住んでいる地域が異なり、賃貸物件が充実していて安ければ、賃貸にしていたかもしれません。

また、戸建てかマンションかという議論も盛んに交わされますが、私たちが購入を決意した物件は、同じ駅近のマンションよりも安く購入することが出来ました。

もし、マンションの方が安ければ、マンションも検討していたかもしれません。

賃貸が良いか購入が良いか、戸建てが良いかマンションが良いかというのは机上でよく議論されますが、どのような物件を希望するかによっても、住みたい地域にどのような住宅が供給されているかといった事情によっても異なってくるので、各人の個別事情でどちらが良いかは変わってくると思います。

インデックスファンド2度目の全解約

こうして戸建ての購入を決意した私は、頭金や購入諸費用に充てるために、インデックスファンドの2度目の全解約をすることにします。

前回の散々な全解約とは違い、今回は非常に前向きな全解約です。(笑)

FXをやめてインデックス投資に復帰した私は、その後世界経済インデックスファンドをホールドし、トランプ大統領就任後の株価上昇によって利益をあげていました。

タイミング的にも非常に良かったので、一旦全解約して現金化し、家の購入に伴う各種の支払いが落ち着いたところで、またインデックス投資を始めようと思ったのです。

こうして、住宅購入によってインデックスファンドをいったんすべて現金化した私は、まっさらな状態から投資を再スタートすることになりました。

まとめ

子供の成長によって夫婦2人の生活にフィットしていた家がいよいよ狭くなってしまい、住み替えが必要になりました。

そして、賃貸・戸建て・マンションと検討した結果、戸建ての購入を決意。

住宅購入に関わる支払いに備えていったんインデックスファンドを全解約し、住宅の支払いが終わった後、まっさらなポジションから再度インデックス投資を始めることになります。

「せっかくポジションがきれいになって、イチから投資を再開するのだから、これまでの経験を生かして、自分が納得して長期間運用できるアセットアロケーションを作ろう」

こう考えた私は、投資について時間をかけて考え、ついにシンプルインデックス投資法を考案することになるのです。

次:インデックス投資を再開!「シンプルインデックス投資法ついに誕生」

初心者でも簡単!投資信託1つでプロにも負けないシンプルインデックス投資法へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください