インデックスファンドとアクティブファンドの違い

違い

投資信託には、大きく分けてインデックスファンドとアクティブファンドの2種類があります。

私はそのうちインデックスファンドをおすすめしているわけですが、その理由をお話しする前に、そもそもインデックスファンドって何?アクティブファンドって何?と思っている方のために、インデックスファンドとアクティブファンドの違いについて、お話ししたいと思います。

インデックスファンドとアクティブファンドの違い

インデックスファンドとアクティブファンドの最大の違いは、指数に連動するかしないかということです。

指数に連動する投資信託がインデックスファンド、指数に連動させない投資信託がアクティブファンドと呼ばれます。

指数とは何か

指数とは、日経平均株価やTOPIXに代表されるような、その市場の平均値を表す指数のことです。

日本の株価指数は上記の指数が有名ですが、全世界の株式の平均値を表す指数(MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス等)など、色々な指数があります。

インデックスファンドは指数に連動する

インデックスファンドは、こういった指数に連動した運用を目指す投資信託のことを言います。

それでは、指数に連動するインデックスファンドには、どういったメリット・デメリットがあるのでしょうか。

インデックスファンドのメリット

インデックスファンドのメリットは主に2つあります。

1つ目は、手数料が安いことです。

インデックスファンドは、お話ししたように指数に連動する運用を行います。

そのため、企業の調査や分析が必要なく、機械的に運用することが出来ます。

そのため、投資信託の運用コストが低く、安い手数料で提供できるというメリットがあります。

もう1つのメリットは、運用の大失敗がないということです。

なにせ、指数に連動するのですから、広く満遍なく企業に投資することになります。

そのため、業績の悪い企業にばかり投資をしてしまった!みたいな大失敗が起こりません。

この点は、お金を預ける投資家にとっても安心ですよね。

インデックスファンドのデメリット

逆に、インデックスファンドのデメリットは、指数以上の投資成績は絶対に期待できないということです。

当たり前ですが、指数に連動しますので、指数を超えるパフォーマンスは期待できません。

例えば、日経平均株価に連動するインデックスファンドであれば、日経平均株価とほぼ同じ成績となり、それを超える大儲けは絶対にないということです。

アクティブファンドは指数を超えることを目指す

アクティブファンドは、インデックスファンドとは異なり、指数に連動させません。

むしろ、銘柄の調査・分析を行って、この企業の株価は伸びるだろうと考える企業に投資をして、指数を超える運用成績を目指します。

そう聞くと、インデックスファンドよりも良い投資信託のように思えますが、アクティブファンドにもメリット・デメリットがあります。

アクティブファンドのメリット

アクティブファンドのメリットは、何と言っても、指数を超える投資成績を上げる可能性があることです。

ファンドマネージャーと呼ばれる運用のプロが、この企業の株価は上がるから買った方が良いだろう、この企業の株価は下がるから売った方が良いだろうと予測を行い、投資をしてくれるので、その予測が当たれば大儲けすることも可能です。

アクティブファンドのデメリット

しかし、アクティブファンドにもデメリットがあります。

それは、ファンドマネージャーの予測が当たるとは限らないことと、手数料が高いことです。

アクティブファンドは投資のプロが予測をして投資をしてくれます。

投資のプロなんだから必ず予測を当ててくれるのでは?と思うかもしれませんが、投資の世界はプロ同士が激しくしのぎを削る世界です。

プロ野球やJリーグで、今年1位だったチームが次の年に苦戦することは珍しくありませんよね?

投資の世界も同じで、プロだからと言っていつも勝ってくれるとは限りません。

アクティブファンドで指数を超える儲けを目指すと、大きな利益を出す可能性もありますが、逆に大きな損失を被る可能性も発生してしまうのが1つ目のデメリットです。

もう1つのデメリットが、手数料が高いことです。

インデックスファンドは機械的に指数に連動させるだけの投資信託ですが、アクティブファンドは指数を超える成績を目指すために、たくさんの企業を調査・分析しなければなりません。

そのためにはたくさんの経費がかかるため、アクティブファンドはインデックスファンドと比べて手数料が高い傾向があります。

つまり、アクティブファンドはインデックスファンドと同じ成績を出していたのでは手数料分だけ損をしてしまいます。

インデックスファンドよりも手数料分だけ良い成績を出して、やっと投資家にインデックスファンドとトントンの利益を還元できるのです。

このように、アクティブファンドは手数料が高いことによるハンデを背負っていることがデメリットです。

まとめ

以上、投資信託には大きく分けてインデックスファンドとアクティブファンドの2種類があることと、その違いを解説しました。

インデックスファンドは、コストをおさえて、日経平均株価やTOPIXなどの指数に連動する投資信託で、手堅い守りの投資が特徴です。

アクティブファンドは、コストをかけて有望な企業を発掘し、日経平均株価やTOPIXなどの指数を超える成績を目指す投資信託で、積極的な攻めの投資と言えるでしょう。(失敗のリスクもあります。)

私はインデックスファンドの方をおすすめしていますが、その理由は別の記事で詳しく解説することにして、この記事では、まずはインデックスファンドとアクティブファンドの違いについて理解していただけたら嬉しいです。

初心者でも簡単!投資信託1つでプロにも負けないシンプルインデックス投資法へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください