インデックス投資とアクティブ投資の違い

皆さんは、インデックス投資とアクティブ投資という言葉を聞いたことがありますか?

投資スタイルには大きく分けてインデックス投資とアクティブ投資の2つの種類がありまして、この2つの違いを理解することがインデックス投資の第一歩となります。

それでは早速、2つの違いについて解説していきましょう。

インデックス投資とアクティブ投資の違い

簡単に言うと、インデックス投資とは指数に連動した運用を目指す投資スタイルで、アクティブ投資は指数とは関係なく、できるだけたくさん儲けようとする投資スタイルです。

それぞれについて説明していきますね。

インデックス投資

インデックス投資とは、指数に連動した運用を目指す投資スタイルです。

日本の株価指数では、日経平均株価やTOPIXが有名ですが、インデックス投資は、これらの株価指数と同じ成績になるように運用するのです。

つまり、日経平均株価が上がれば同じように儲かるし、日経平均株価が下がれば同じように損をするという仕組みです。

多くの人にとって、一般的な投資のイメージとは少し違うスタイルだと思います。

ちなみに、インデックス投資をしようと思った場合、個人で株を買って指数と連動させるのは至難の業です。

そこで、指数に連動した運用成績を目指す投資信託(インデックスファンド)を購入して、インデックス投資を行うのが一般的です。

アクティブ投資

アクティブ投資とは、指数とは関係なく、できるだけ多くの利益を目指す投資スタイルです。

多くの人の投資イメージはおそらくこっちですよね。

アクティブ投資は、個人で株を買って行うこともできますし、投資信託を購入して行うこともできます。

個別株投資

個別株投資とは、個人が企業をあらゆる角度から分析して、これから株価が上がりそうだと予想した株を買うという投資法です。

ほとんどの人が、株式投資というと、この方法を想像するのではないかと思います。

私も最初はそうでした。

アクティブファンド投資

アクティブ投資は、個人で有望な株を買うほかにも、プロに運用を任せるという方法があります。

それが、アクティブファンド投資です。

アクティブファンドとは、投資のプロ(ファンドマネージャー)が投資家から資金を集め、企業を選別し、投資を行うという投資信託です。

個人で有望な株を見極めるのは大変なので、投資のプロにお任せしようという方法ですね。

まとめ

以上、インデックス投資とアクティブ投資の違いについてお話をしました。

インデックス投資は日経平均株価などの株価指数に連動することを目指した投資です。

通常、個人で行うことは難しいので、インデックスファンドと呼ばれる投資信託を購入することで行います。

一方、アクティブ投資は、株価指数とは関係なく、より多くの利益を得ることを目標として株式投資を行う方法です。

アクティブ投資は、自分自身で株式銘柄を選定する個別株投資と、プロに運用をお任せするアクティブファンド投資があります。

それじゃあ、いったいどの投資方法が良いのかというのが気になるところだと思いますが、私はインデックスファンドを購入するインデックス投資を推奨しています。

「株価指数と連動なんてつまらないし儲からなそうじゃん!良い企業を選んで、できるだけたくさんの利益を狙った方が良いに決まってるじゃん!」という声が聞こえてきそうですが、長年の経済学者の研究で、アクティブ投資はインデックス投資に安定して勝てない(まぐれ当たりはもちろんある)ということがわかってきているのです。

それについては、別の記事で詳しく解説していきます。

まずは、投資にはインデックス投資とアクティブ投資の2つがあることと、その違いをしっかりと理解してください。

初心者でも簡単!投資信託1つでプロにも負けないシンプルインデックス投資法へ戻る

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください