インデックスファンドはアクティブファンドよりもコストが安い

投資信託は大きく分けてインデックスファンドとアクティブファンドの2種類がありますが、私はその2つのうち、インデックスファンドをおすすめしています。

今回はその理由についてお話していきたいと思います。

インデックスファンドはコストが安い

私がインデックスファンドが最強だと思う理由は、コストが安いからです。

投資信託を購入する際はコスト(手数料)がかかるのですが、インデックスファンドはアクティブファンドに比べて、そのコストが圧倒的に安いのです。

それでは、まずは投資信託のコストとはどういうものかについて見ていきましょう。

投資信託のコストとは

投資信託を購入する時、保有する時、売却する時、それぞれ次のコスト(手数料)がかかります。

  1. 購入時 買付手数料
  2. 保有時 信託報酬
  3. 売却時 信託財産留保額

それぞれについて簡単に解説しますね。

買付手数料

これは、購入する時に発生する手数料です。

手数料の額は、1回につき〇円という風に決まっているわけではなく、購入金額の〇%という風に決まっていることが多いです。

例えば、買付手数料が購入金額の3%と決まっている投資信託を100万円購入した場合、購入した瞬間に、手数料が3万円引かれて、あなたの資産は97万円になってしまいます。

信託報酬

これは、投資信託を保有している時に発生する手数料です。

投資信託を購入している間は、運用会社があなたに代わって資産運用をしてくれるわけなので、それに対する手数料ですね。

こちらも、1年間で〇円と決まっているわけではなく、あなたが購入した金額に対して、年間〇%という風に決まっています。

1年に1回まとめて支払うのではなく、日割計算で、あなたが預けている資産から自動的に引かれていきます。

信託財産留保額

これは、投資信託を売却する時にかかる手数料です。

投資信託を解約する時は、運用会社はあなたが預けていたお金で買っていた株式などを売却して、現金にしてあなたに返してくれます。

この時、運用会社が株式などを売却して現金にする時に手数料がかかりますので、そのお金が手数料として引かれるのです。

こちらの手数料も、1回〇円と決まっているわけではなく、あなたが解約する金額に対して〇%という風に決まっています。

インデックスファンドはコストが抜群に安い

投資信託を購入したり保有したりする時には、色々なコスト(手数料)がかかることがおわかりいただけたかと思います。

投資家の立場に立てば、コストは直接私たちの利益を減少させてしまうので、できるだけ少ない方が良いのは言うまでもありません。(売り手の立場に立てば、手数料ができるだけ多い方が儲けになります。)

私がインデックスファンドが最強だと思う理由の1つは、インデックスファンドはこのコストが抜群に安いからです。

どれくらい安いのかということについて、当サイトで私が推奨しているインデックスファンドであるeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)を例に見ていきましょう。

買付手数料

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)は、買付手数料が無料です。

買付手数料が無料の投資信託のことを、「ノーロード」といいます。

インデックスファンドはほとんどの場合ノーロードになっていますが、アクティブファンドの場合、高いものだと3~4%も買付手数料を取られてしまいます。

しかし、最近では、ノーロードの良心的なアクティブファンドも徐々に増えつつあります。

信託報酬

インデックスファンドとアクティブファンドでもっとも大きな差がつくのがこの信託報酬です。

しかも、信託報酬は投資信託を保有している限りずっとかかるコストになりますので、重要度も高いのです。

QUICK資産運用研究所の調べによりますと、アクティブファンドの信託報酬の平均は、年率1.54%となっています。(2017年11月時点)

一方で、インデックスファンドの信託報酬の平均はというと、なんと0.56%。

アクティブファンドはインデックスファンドと比べ、3倍もコストが高いのです。

さらに、当サイトが推奨するeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)の信託報酬は、驚異の0.15%!なんと、アクティブファンドの平均の10分の1という安さなのです。

インデックスファンドのコストがいかに安いかということがおわかりいただけたのではないかと思います。

もちろん、アクティブファンドの中にも比較的信託報酬が安い、良心的なファンドはあります。

しかし、0.15%の信託報酬を実現しているアクティブファンドは存在しないでしょう。

信託財産留保額

こちらの費用については、解約する時に現金化するために必要なコストですので、アクティブファンドもインデックスファンドもあまり差はありません。

ちなみに、eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)は無料となっています。

インデックスファンドはコスト分有利

このように、インデックスファンドはアクティブファンドに比べて、コストが非常に安いことが、私がインデックスファンドが最強と考える理由の1つです。

コストが高いということは、運用を始める前にそれだけハンデを背負っているということです。

将来、アクティブファンドがそのコスト分を上回る好成績をあげてくれれば、コストの高さも報われます。

しかし、あなたが買うアクティブファンドの将来の成績は、誰にもわかりません。

ただ一つ、確定していることは、あなたがアクティブファンドを買う場合、その投資信託は、インデックスファンドと比べてコストが高いということなのです。

まとめ

投資信託は大変便利なものなのですが、購入すると、意外といろいろな手数料が必要になります。

我々投資家の立場に立てば、これらの手数料は私たちの利益を減らしてしまうものです。

そのため、コストは安いに越したことはありません。

その点で、インデックスファンドはアクティブファンドと比べてコストが非常に抑えられています。

これが、私がインデックスファンドが最強と考える理由の1つです。

初心者でも簡単!投資信託1つでプロにも負けないシンプルインデックス投資法へ戻る 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください