管理人の投資成績 2019年9月 | 米中貿易戦争に歩み寄りの動きでV字回復。個人投資家は本当に翻弄されます。

成績

たった1つの投資信託(eMAXIS Slim 全世界株式 オール・カントリー)だけを使った投資を提唱し、自らも実践しているわけですが、読者の皆さんにとって最も重大な関心事は、「それで本当に儲かるのか?」ということだと思います。

そこで、当サイトでは私自身の投資成績を、良い時も悪い時も包み隠さず公開していきます。

これを見て、当サイトが提唱する投資方法が本当に優れているかどうかを判断する1つの材料にして頂きたいと思います。

管理人の投資成績 2019年9月 | 米中貿易戦争に歩み寄りの動きでV字回復。個人投資家は本当に翻弄されます。

2018年12月から2019年9月までの投資成績を、ゆうちょ銀行の1ヶ月定期を続けた場合と比較して掲載します。(※税金は考慮していません。)

申し訳ありませんが、私の資産額は非公開とさせていただいているため、損益(%)での公開とさせていただきます。

2019年9月管理人投資損益

青のグラフが私の保有する投資信託の損益、赤のグラフがゆうちょ銀行に1ヶ月定期で預けた場合の損益です。

現在、非常に低金利のため、ゆうちょ銀行の1ヶ月定期の金利は0.01%が続いています。

そのため、ゆうちょ銀行の損益はおよそ+0.0079%と微々たる利益しか発生していませんが、もちろんマイナスは発生していません。

一方、私の保有する投資信託(eMAXIS Slim全世界株式オール・カントリー)は、8月の大きな下落から一転、V字回復しました。

8月の株価暴落の主な原因は、米中貿易戦争の激化ですが、9月の株価回復の主な原因も、米中貿易戦争の緩和(期待)です。

株式市場は、本当に世界の大物の言動にいちいち翻弄されますね( ^ω^)・・・。

もし、あなたがトランプ大統領や習国家主席、安倍総理などと親密な関係にあり、そこから情報を得られるのなら、適切なタイミングで株取引を行い、大儲けできるかもしれません。

しかし、私のような庶民には、当然そのようなつながりなどあるわけもなく、手に入るのは評論家の予想記事ぐらいです。

それでは確度の高い事前予測などできるはずもなく、結局実際に発言がなされた後に反応するしかないわけですから、確実な大儲けなど夢のまた夢です。

最近の株式市場の動向を見れば見るほど、私の実力では、世界経済の長期的な成長に賭けるインデックス投資が結局のところ、最適だなぁと思わされることが多いです。

最近は上がったり下がったりを繰り返しています。

8月は下がり、9月は上がりました。

10月はどうなるでしょうね?

それでは、来月もお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください