管理人の投資成績 2019年11月 | 過去最高益更新!2019年は最高の年で終われるかもしれませんね。

成績 管理人の投資成績

たった1つの投資信託(eMAXIS Slim 全世界株式 オール・カントリー)だけを使った投資を提唱し、自らも実践しているわけですが、読者の皆さんにとって最も重大な関心事は、「それで本当に儲かるのか?」ということだと思います。

そこで、当サイトでは私自身の投資成績を、良い時も悪い時も包み隠さず公開していきます。

これを見て、当サイトが提唱する投資方法が本当に優れているかどうかを判断する1つの材料にして頂きたいと思います。

管理人の投資成績 2019年11月 | 過去最高益更新!2019年は最高の年で終われるかもしれませんね。

2018年12月から2019年11月までの投資成績を、ゆうちょ銀行の1ヶ月定期を続けた場合と比較して掲載します。(※税金は考慮していません。)

申し訳ありませんが、私の資産額は非公開とさせていただいているため、損益(%)での公開とさせていただきます。

1911管理人投資損益

青のグラフが私の保有する投資信託の損益、赤のグラフがゆうちょ銀行に1ヶ月定期で預けた場合の損益です。

現在、非常に低金利のため、ゆうちょ銀行の1ヶ月定期の金利は0.01%が続いています。

そのため、ゆうちょ銀行の損益は+0.0096%と微々たる利益しか発生していませんが、もちろんマイナスは発生していません。

一方、私の保有する投資信託(eMAXIS Slim全世界株式オール・カントリー)は、11月も大きく上昇し、+17.6%となりました。

eMAXIS Slim全世界株式オール・カントリー は、全世界の株式に時価総額加重平均で投資する投資信託です。

つまり、規模の大きい株式市場にはたくさん投資して、規模の小さな株式市場には少しだけ投資するという投資信託なんですね。

今、世界で1番大きな株式市場があるのは、世界最強の経済力を誇るアメリカです。

そのため、eMAXIS Slim全世界株式オール・カントリーも、アメリカに1番多く投資をしています。

そんな中、アメリカでは、NYダウ(日本の日経平均株価に近い存在です。)が連日、史上最高値を更新するほど、アメリカ株式市場は好調でした。

史上最高値を更新というのは、これまでの歴史上の株価の新記録を出したということ。

陸上で言えば、ボルトが100mの世界新記録を出したようなことが、アメリカの株価で起こっているわけです。

この影響を受けて、アメリカにたくさん投資している eMAXIS Slim全世界株式オール・カントリーも、さらに利益を伸ばすことになりました。

世界の株式への投資は、長期的には年5%ぐらいの利益が平均になると言われています。

しかし、2019年はアメリカで株価の新記録が出るなど、歴史的な出来事が起こり、このまま行けば、年間10%を超える利益はほぼ間違いありません。

2019年は、株式投資をしていた人は、大成功の1年になりそうですね。

それでは、来月もお楽しみに。