個別株投資ではなく投資信託をおすすめする理由

投資といえば、日本の企業の中から株価が上がりそうな企業を見つけて、その企業の株を買う!

こんなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

しかし、私はこういった個別株投資はしていませんし、おすすめもしていません。

私が実践し、皆さんにおすすめしているのは、投資信託を使った投資です。

それでは、なぜ私が個別株投資よりも投資信託を使った投資をおすすめするのか、その理由を説明していきましょう。

個別株投資ではなく投資信託をおすすめする理由

私が個別株投資ではなく、投資信託をおすすめする理由は2つあります。

  1. たくさんの企業に分散投資できるから
  2. 世界中の国に分散投資できるから

順番に解説していきます。

たくさんの企業に分散投資できる

個別株投資の場合は、よほどの資産家でない限り、たくさんの企業に分散投資することは難しいと思います。

しかし、投資信託であれば、少しの資金で何千もの企業に分散投資することができるのです。

私が推奨するシンプルインデックス投資法の基本は長期・分散です。

分散することで、特定の企業が例え倒産してしまったとしても、資産に致命的なダメージを与えることを防ぐことが出来るからです。

たくさんの企業に分散投資をするという点で、投資信託は個別株投資よりも非常に有利なのです。

世界中の国に分散投資できる

シンプルインデックス投資法では、日本だけではなく、世界中の国に国際分散投資をすることを基本としています。

日本人だとどうしても日本企業に愛着があるため、日経平均株価に採用されるような国内有名企業に投資したくなってしまったりしますが、世界経済が順調に成長する中で、バブル崩壊後の日経平均株価は成績がふるわなかったのは皆さんご存知の通りです。

このように、特定の国に集中投資を行うと、偶然その国の株式市場だけが不振に陥った場合に利益を上げることができなくなるので、企業だけでなく、国も分散して投資するのが望ましいと考えています。

さて、この国際分散投資を個別株でやろうとすると、めちゃくちゃ大変です。

アメリカの代表的な企業の株はなんとか買えるかもしれませんが、世界数十カ国の企業に個人で投資を行うのは、一般人にとってほとんど不可能と言っていいでしょう。

しかし、投資信託であれば、ファンドを選べばわずかな手数料でそれが簡単に実現できてしまうのです。

まとめ

以上、私が個別株投資ではなく投資信託を使った投資をおすすめする理由を解説してきました。

インデックス投資をベースとした私のシンプルインデックス投資法は、とにかく世界中の企業に広く分散投資することを重要視しています。

そのため、これを個別株投資で行うことはほぼ不可能。

一方、投資信託というツールを使えば、わずかな手数料で簡単にそれが実現できてしまうわけですから、これを利用しない手はないというわけです。

皆さんも、資産運用には投資信託を積極的に利用してくださいね。

初心者でも簡単!投資信託1つでプロにも負けないシンプルインデックス投資法へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください