【レビュー】お金は寝かせて増やしなさいってどんな本?おすすめできる人や学べる内容を紹介

お金は寝かせて増やしなさい

こんにちは。インデックス投資歴10年の針井です。

当サイトでは、インデックス投資を始めたい人におすすめの書籍を色々と紹介していますが、投資初心者用の本を読んだ人の次の1冊として、お金は寝かせて増やしなさいをおすすめしています。

そこで本日は、

  • お金は寝かせて増やしなさいとはどんな本なのか?
  • お金は寝かせて増やしなさいはどんな人におすすめできるのか?
  • お金は寝かせて増やしなさいでどんなことが学べるのか?

ということについて解説していきたいと思います。

お金は寝かせて増やしなさいの内容

お金は寝かせて増やしなさいの内容

「お金は寝かせて増やしなさい」は、投資や投資信託の仕組みについての基本的な知識がある人に、インデックス投資のはじめ方を解説した本です。

「お金は寝かせて増やしなさい」には、次のような内容が書かれています。

インデックス投資の紹介とメリット

まず、インデックス投資とはどんな投資なのか?どんなメリットがあるのか?について、実体験と学術的な研究にもとづいて解説されます。

インデックス投資のメリットは、なんと言っても楽して結果が出るということです。

これは、多くの投資初心者にとってうれしいメリットではないでしょうか。

インデックス投資の実践方法

インデックス投資がどんな投資なのか理解できたところで、いよいよインデックス投資の実践方法について解説されます。

インデックス投資の実践方法として、まず家計改善の必要性リスク管理の方法から説明されているのが、「お金は寝かせて増やしなさい」の誠実なところです。

投資で1番大切なことは、投資をしたことによって破産してしまうなどの悲劇を避けることです。

私が、「投資初心者にとって良い本だな」と思う本は、共通してこの思想があります。

逆に、儲かることばかりが強調された、ちょっと煽るような本は、投資初心者にとって少し危険だと思いますね。

リスク管理についての説明の後は、アセットアロケーション(資産配分)やリバランス、投資すべき投資信託などの、インデックス投資の基本的な内容が書かれています。

1つ注意点としては、この「お金は寝かせて増やしなさい」は2017年に出版された本なので、紹介されているおすすめの投資信託は少し古くなっています。

「お金は寝かせて増やしなさい」にも書かれていますが、最新のおすすめ投資信託については、著者のブログでチェックしてください。

>>梅屋敷商店街のランダムウォーカー インデックスファンド比較

おすすめ証券会社と非課税制度(NISA・イデコ)

インデックス投資を実際に始めるためには、証券会社に口座を開設する必要があります。

そこで、インデックス投資におすすめの証券会社について解説してあります。

また、インデックス投資をする場合、NISA(ニーサ)やiDeCo(イデコ)といった税金がかからない優遇制度を利用することができるので、それについても解説されています。

インデックス投資を続ける方法

インデックス投資は、始めるのは簡単です。

でも、10年・20年と続けるのは意外と難しいのです。

これは、インデックス投資を長年やっている人間は身に染みてわかっています。

そこで、「お金は寝かせて増やしなさい」では、丸々一章を割いて、インデックス投資を続ける方法について解説しています。

インデックス投資15年分の実践記

日本におけるインデックス投資の黎明期からインデックス投資を続けてきた著者の記録が1年ずつ語られています。

これにより、著者のインデックス投資の歴史を追体験することができます。

この章を読むとよくわかると思いますが、インデックス投資は、毎年少しずつ確実に儲かるというよりは、絶好調な年や大暴落を経験しながら、トータルで見たら儲かっていたなという結果になることが多いです。

インデックス投資は、別に安定はしていません。

そのことをあらかじめ知っておくのは、これからの投資でおおいに役立つでしょう。

インデックス投資の出口戦略

投資をはじめる方法について書かれた本はたくさんありますが、投資をどうやって終わらせるかについて書かれた本は多くはありません。

インデックス投資について書かれた入門書はいくつかありますが、「お金は寝かせて増やしなさい」が画期的だったのは、インデックス投資をどうやって終わらせるかについても踏み込んで書いたことです。

この章の内容の背後には、「ウォール街のランダムウォーカー」というアメリカの偉大なインデックス投資のバイブルがあるのですが、その内容を多くの日本人に広めた「お金は寝かせて増やしなさい」の功績は大きいです。

お金は寝かせて増やしなさいをおすすめできる人

お金は寝かせて増やしなさいがおすすめな人

「お金は寝かせて増やしなさい」をおすすめできる人は、投資の超基本的な内容を理解している人で、インデックス投資に興味がある人です。

株や債券の仕組みがなんとなく理解できていて、投資信託の仕組みもだいたい知っている人なら、投資を実際に始める前にぜひ読んでほしい一冊です。

逆に、「株とか債券とか言われてもあんまりわからない・・・。」「投資信託って何?」という人は、「お金は寝かせて増やしなさい」を読む前に、資産運用の基本的な内容を解説した入門書を読んでおいた方がいいかもしれません。

>>【レビュー】超ど素人がはじめる資産運用ってどんな本?おすすめできる人や学べる内容を紹介

これからインデックス投資を始める人はもちろん、すでにインデックス投資を始めている人も、「お金は寝かせて増やしなさい」から学ぶことは多いと思いますよ。

お金は寝かせて増やしなさいのまとめ

お金は寝かせて増やしなさいのまとめ

お金は寝かせて増やしなさいは、インデックス投資をはじめたい人に1番おすすめしたい入門書です。

株や債券、投資信託がどういったものなのかという基礎知識ぐらいは必要ですが、それらがだいたいわかっていれば、マンガもついていますし、楽しく読めると思います。

お金は寝かせて増やしなさいでは、インデックス投資をするうえで必要なこと、知っておいた方が良いことを一通り学ぶことができます。

  • インデックス投資とは何か?
  • インデックス投資をおすすめする理由
  • インデックス投資をはじめる方法
  • インデックス投資を続ける方法
  • インデックス投資の出口戦略

インデックス投資をはじめたい人にとって、「お金は寝かせて増やしなさい」は必読の書です。

インデックス投資をやってみたい人は、ぜひこの本を読んで、頑張ってくださいね。

>>インデックス投資おすすめ本に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください