楽天銀行の口座開設をするために楽天銀行を解約した話

通帳

私は今、節約したお小遣いや日々の買い物で貯める楽天ポイントを使った投資を始めようと考えています。

そこで、お小遣いを専用で管理する銀行口座が欲しいなと考え、楽天カードや楽天証券と揃えようと思い、「楽天銀行」を開設しようと思たのですが、困ったことになりました。

私の記憶では、10年近く前に一度、楽天銀行の口座を開設したような気がするのです。

その後、「SBI一本でいいや」と思い、お金をすべて引き出し、口座解約もしないまま、一切楽天銀行を使わなくなっていました。

それが、今になって楽天銀行が使いたくなったものの、IDもパスワードもわからない。

口座を開設していたかどうかもハッキリとは覚えていないという状況。

皆様の中にも、もしかしたら、試しに開設してみた銀行口座をほったらかしにしてしまい、いまさら使いたくなったものの、IDもパスワードもわからない・・・という人がいるかもしれません。(いないか。^^;)

そこで本日は、そんな私がどうやって対処したかをお話ししたいと思います。

楽天銀行の口座開設をするために楽天銀行を解約した話

結論としましては、楽天銀行の口座開設をするために楽天銀行の口座を解約するというなぞなぞのような話になってしまいました。

IDもパスワードもわからない!忘れ去られた楽天銀行の口座

今から10年近く前のこと。

まだイーバンク銀行という名称だったか、楽天銀行という名称にちょうど変わった頃だったか、よく覚えていませんが、私はおそらく楽天銀行の口座を開設しました。

もはや何のために開設したのかも記憶にありませんが、少し使用したものの、やっぱり「SBI銀行一本で十分だ」という結論にいたり、お金をすべて引き出して、「もう使うこともないだろうから」と、解約もせずにそのまま放置。

当時は電話してわざわざ解約するとか、嫌だったんですよね。

そうして10年近くの時が流れ、楽天銀行の口座が再度、必要になってしまったのです。

しかし、私が昔作ったと思われる口座がまだ生きているのか、生きていたとしてもIDもパスワードもさっぱりわからない・・・という困った状況になってしまいました。

楽天銀行に電話してみた結果

自力では解決できそうにないので、こちらに記載されているカスタマーセンターに電話をかけてみました。

休日の昼間だったのですが、特に待ち時間もなくすぐに繋がりました。

かくかくしかじかで口座を開設したかどうかもIDもパスワードもわからないんです(><)と伝えると、

「それでは口座があるかどうかお調べしますね。」

ということで、氏名や生年月日、開設当時の住所を言っていくと、やはり口座を開設していた模様。

「口座のID・パスワードを再発行するにも身分証明書が必要ですし、そういうご事情でしたら、古い口座を解約手続きして、新規でお申し込みされますか?」

という提案をいただきました。

ID・パスワードの再発行手続きというレアな手続きよりも新規申し込みの方が簡単そうな気がしたのと、新しい口座で新たな気分で始めたいという気持ちもあり、ご提案通り旧口座を解約していただくことにしました。

「それでは、口座解約に2週間程度お時間を頂きますので、2週間後に新規お申込みください。」

と言っていただき、楽天銀行の口座申し込みができるようになったのです。

まとめ

口座を開設したかどうかの記憶さえ怪しい。

もちろんID・パスワードなんて覚えていない。

そんな状態だった楽天銀行の口座ですが、カスタマーセンターに電話し、口座の存在を確認。

旧口座を解約することで、新規申し込みを受け付けてもらえることになりました。

このようなことになったキッカケは、過去の私が、「もう使わないから」という理由で、解約もせずに銀行口座を放置したからです。

そうすると、時が流れ、記憶も薄れ、いざ必要になった時にこんな困ったことになります。

銀行口座を放置していると、万が一不正利用などがされていた場合にも、気づくことができません。

口座に対して、ズボラなことをしてはいけないなと痛感したお話でした。

楽天銀行さん、お手間をおかけしてすみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください