【還元率6%】消費増税のポイント還元は楽天ペイ&楽天カードがお得すぎる!

キャッシュレス

10月から消費税が10%にアップし、それに合わせて政府による「キャッシュレス・ポイント還元事業」が始まります。

そろそろ私もキャッシュレス始めなきゃな~と思っている人も、多いのではないでしょうか。

今日は、そんな人にお伝えしたいことがあります!

私は楽天ペイ&楽天カードでキャッシュレス決済をしているのですが、先日、2019年10月以降のポイント還元についてのお知らせが届きました。

そのお知らせが衝撃的にお得な内容だったので、みなさんにシェアしたいと思います。

【還元率6%】消費増税のポイント還元は楽天ペイ&楽天カードがお得すぎる!

2019年10月から、楽天ペイと楽天カードを使ってキャッシュレス決済をすると、なんと6%もポイント還元されるキャンペーンが始まります。

「えっ?キャッシュレスって、5%とか2%とか聞くけど、どういうこと?」と思われたかもしれませんね。

どうして楽天ペイ&楽天カードを使うと6%も還元されるのか、説明しますね。

キャッシュレス・ポイント還元事業による還元

今話題になっているのが、2019年10月から政府の支援によって始まるキャッシュレス・ポイント還元事業です。

要は、キャッシュレス決済で支払った人に、税金を使ってポイントをあげましょうという制度ですね。

その還元率は下の表のようになっています。

還元率

カフェや本屋さん・美容院など、中小の企業が経営する店舗は5%、コンビニなどのフランチャイズチェーンは2%、大企業が経営する百貨店・スーパーなどは対象外で0%となっています。

しかし、楽天ペイと楽天カードを使えば、この基本の還元率に、さらなる上乗せがあるのです。

楽天ペイによる還元

ポイント還元事業はありがたい制度なのですが、大企業の店舗だとポイントが0だとか、フランチャイズは2%で、中小企業の飲食店は5%で・・・と、何かとややこしい制度ですよね。

しかし!楽天ペイを使うとこうなります!

還元率

5%のポイントがつく中小企業の店舗はそのまま、コンビニなどのフランチャイズチェーンは+3%、対象外の店舗は+5%のポイントを楽天が負担し、どこで買い物をしても5%もポイントが付くようにしてくれるのです。

これは「お得」&「わかりやすい」!

さらに、楽天によるお得なキャンペーンはそれだけにとどまりません。

楽天カードによる還元

楽天ペイは、アプリにクレジットカードを設定して、使ったお金を支払う仕組みです。

そこで、楽天ペイの支払いに楽天カードを設定するとこうなります。

還元率③

楽天カード経由で支払いが行われるときに、さらに1%のポイントがつきます。

これにより、どこで買い物をしても6%もポイントがつくことになるのです!

貯まったポイントは楽天ペイで日々の買い物に使うこともできますし、楽天市場でネットショッピングに使うこともできます。

楽天ペイは使えるお店もどんどん拡大中!

これまでは、セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンの三大コンビニのうち、セブンイレブンでは使えないという弱点がありましたが、2019年10月からセブンイレブンでも使えるようになることが決定しました!

貯まったポイントの使い道で困ることはなさそうですね。

「6%なんて大したことない」はとんでもない誤解!

ところで、「6%還元!なんて言ってるけど、数%のポイントがつくかどうかなんて大したことない」と思っていませんか?

しかし、6%という数字は想像以上に破壊力があります。

例えば、月給が25万円の人がいたとしましょう。

年1回昇給するとして、いったいいくら上がりますか?

景気の良い企業や、勤務実績が素晴らしい人は別として、1,000円~2,000円の昇給という人も多いのではないでしょうか。

それでは、25万円の6%はいくらでしょう?

なんと、15,000円です!

15,000円給料を上げようと思ったらどれだけ大変か、特に中小企業のサラリーマンの人なら良くわかるはずです。

キャッシュレス決済にするだけで簡単にそれが手に入ると思ったら、すごいと思いませんか?

楽天カードを作ると5,000円分のポイントがもらえる!

還元率6%の恩恵をフルに得るために、楽天ペイと同時に楽天カードに申し込むのがおすすめです。

楽天カードは入会特典も魅力的で、楽天カード新規入会&利用で全員5000ポイント(1ポイント=1円)がもらえます。

私も申し込みましたが、本当にポイントがもらえた時は、カード作っただけでこんなにもらって良いのかと、ちょっとビックリしましたね。

楽天カードの入会特典は、クレジットカードの中でもトップクラスのお得さだと思います。

おまけ:さらに500円分を追加でもらう方法

さらに、楽天カードの入会特典として、500円分を追加でもらう方法があります。

それは、「楽天Edy」機能付きの楽天カードを申し込むことです。

楽天Edyとは、簡単に言うと、お金をチャージしておいて、支払いの時にピッとかざして使うプリペイドカードのようなものですね。

SuicaとかICOCAをイメージしてもらうとわかりやすいと思います。

この機能が付いたカードにするか、付いていないカードにするかを選ぶことができるのですが、Edy機能付きで申し込むと、なんと500円分がチャージされた状態で届きます。

私はEdyを使う予定はあまりなかったのですが、この500円分をもらうためにEdy機能付きにしてもらいました。

特にデメリットもないのでおすすめです。

まとめ

以上、2019年10月からのポイント還元事業に合わせて行われる、楽天ペイ&楽天カードのお得なキャンペーンについて紹介しました。

楽天ペイの利用で、店舗によって5%・2%・0%に分かれていたポイント還元率が、どこでも5%還元に統一されます!

さらに、楽天ペイの支払いを楽天カードに設定することで、楽天ポイントが+1%還元!

合計6%の還元率になるというお得っぷりです。

先ほどもお話しした通り、6%も給料を上げるのは大変な時代です。

ぜひ、10月になる前にキャッシュレス決済を始めて、買い物で損をしないようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください