儲かるアクティブファンドは事前に予想できない

インデックスファンドが最強な理由として、これまでアクティブファンドはコストが高いこと、アクティブファンドの半分以上がインデックスファンドに負けていることを紹介してきました。

しかし、当然ながら、すべてのアクティブファンドがインデックスファンドに負けているわけではありません。

それなら、インデックスファンドに勝っている実績のあるアクティブファンドに投資すれば良いのでは?と考える人もいるかもしれませんね。

本日は、インデックスファンドに勝っているアクティブファンドを選んで投資する戦略はうまくいくのか、解説したいと思います。

儲かるアクティブファンドは事前に予想できない

結論から言いますと、インデックスファンドに勝っているアクティブファンドを選んで投資したとしても、将来もそのアクティブファンドがインデックスファンドに勝てるかどうかはわかりません。

過去にインデックスファンドを上回ったアクティブファンドは、継続してインデックスファンドに勝ち続けることが出来るのかということについては、経済学者によっても研究されてきました。

そして、その継続性については否定されたのです。

勝ち組アクティブファンドも勝ち続けることが出来ていない

ウォール街のランダムウォーカーP227に、アメリカにおける株式投信上位20ファンドのその後の成績が掲載されています。

これによると、1970年代のベスト20のアクティブファンドの平均リターンは、すべての株式投資信託の平均を8.6%も上回っていました。

素晴らしい勝ち組ファンドたちです。

そこで、次の10年である1980年代にこのアクティブファンドがどうなったかというのを調べているのですが、なんと、1980年代はすべての株式投資信託の平均と比べて、-0.6%と負けてしまっています。

トップ20の超勝ち組アクティブファンドたちが、次の10年では平均以下の負け組ファンドに変わってしまったのです。

それでは、1980年代のベスト20のアクティブファンドはどうだったのでしょうか。

1980年代のベスト20のアクティブファンドの平均リターンは、市場平均(S&P500)を3.9%も上回っていました。

しかし、この勝ち組アクティブファンドたちも、次の10年である1990年代には、市場平均と比べて-1.2%のリターンに転落してしまったのです。

このように、過去の実績を見て、儲かっているアクティブファンドを選んで買ったとしても、それが報われる保証は一切ないのです。

なぜアクティブファンドは勝ち続けることができないのか

短期的に見れば、市場平均や他のアクティブファンドと比べて、非常に優秀な成績を残すファンドはたくさんあります。

問題はその継続性です。

どうしてアクティブファンドは勝ち続けることができないのでしょうか。

その理由として考えられるのは次の2つです。

  1. 有効な投資手法が変わってしまったから。
  2. 偶然、儲かっていただけだったから

順に説明していきますね。

①有効な投資手法が変わってしまったから

ある期間有効だった投資手法が、相場環境の変化によって通用しなくなってしまうことがあります。

例えば、

  1. 割安株の成績が良かった相場から、成長株の成績が良い相場に変わる
  2. 小型株の成績が良かった相場から、大型株の成績が良い相場に変わる

などが起こり得ます。

そのため、割安株で稼いでいたファンドが急に儲からなくなってしまったり、小型株で稼いでいたファンドが急に儲からなくなってしまったりするのです。

もちろん、相場の潮目を読んで、投資手法を変えていければ継続して利益を出し続けることができるでしょう。

しかし、アクティブファンドが勝ち続けられていないデータが、その難しさを物語っています。

②偶然、儲かっていただけだったから

これは厳しい仮説ですが、とても優秀な成績を上げたファンドも、実は実力で儲けていたわけではなく、単なる偶然だったかもしれません。

もし、効率的市場仮説がある程度成立しているのであれば、短期的には偶然によって市場平均や他のアクティブファンドを大きく上回ることもありますが、それを継続することは難しいのです。

簡単に言うと、こういうことです。

1024人でじゃんけんのトーナメントを行うと、当たり前ですが、必ず1人が優勝します。

優勝した人は相手の心を読める天才なのかもしれませんが、もしかしたら1024人全員が普通の人で、優勝者は偶然、優勝できただけかもしれません。

そうだとした場合、この優勝者は大会を2連覇することはできないでしょう。

これと同じことが、投資信託の世界でも起きているのではないかという仮説です。

まとめ

以上、過去の実績を見て優秀なアクティブファンドを探しても、将来儲かるアクティブファンドを事前に予想することはできないのだということを解説してきました。

初心者が投資信託を選ぶときは、まずは過去の実績を見て、単純に儲かっているファンドを選ぶことが多いと思います。

一見正しいように思えるこの行為ですが、実は過去に儲かっているファンドであっても、将来に渡って勝ち続けることは非常に難しいことが研究で明らかになっています。

投資初心者の方はぜひこのことを頭に入れて、間違った投資信託選びをしないよう、ご注意いただきたいと思います。

初心者でも簡単!投資信託1つでプロにも負けないシンプルインデックス投資法へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください