インデックス投資スタート「オリジナル8資産均等アセットアロケーション」

8資産アセット

シンプルインデックス投資法に至るまでの私の紆余曲折・試行錯誤の歴史をお話しする企画第2話です。

第1話はこちら。

社会人になったら投資で一儲けしようと考えた私は、大学図書館でインデックス投資と出会い、インデックス投資家になることを決意します。

そして私は社会人となり、いよいよインデックス投資を開始するのです。

インデックス投資スタート「オリジナル8資産均等アセットアロケーション」

私は就職すると同時に証券会社に口座を開設し、自分で考えた8資産均等アセットアロケーションを組んでインデックス投資をスタートします。

華々しいインデックス投資家デビューです。

当時は、初めての土地で初めての一人暮らし。

不安もありましたが、自由な生活への希望もありました。

SBI証券に口座開設

まずは証券会社に口座がないと始まりません。

そこで、私はSBI証券に口座開設手続きを申し込みます。

証券会社は色々あったのですが、ネットで少し調べて、どうやらSBI証券が一番大手らしいというので、あまり深く考えずに決めたような気がします。

当時、証券会社への口座開設は、本人受け取りが必要な郵便物が届くということだったのですが、入社1週間後には夜の11時ぐらいまで残業するようになってしまっていたため、その郵便物がまったく受け取れません。

そこで、仕事帰りの深夜0時ごろ、郵便局の深夜窓口に受け取りに行ったのを覚えています。

口座開設する時は本当にワクワクしていましたね。

「オリジナル8資産均等アセットアロケーション」で運用スタート

さて、口座開設をして、入金もした私は、早速インデックスファンドを購入することにします。

8資産均等アセットアロケーションを構築

まずは、インデックスファンドを購入する前にアセットアロケーションを決めなければなりません。

そこで、当時の私は次の2つの方針でアセットアロケーションを考えました。

  1. できるだけたくさんの資産を組み合わせたアセットアロケーションが良いアセットアロケーションだ!
  2. どの資産が将来伸びるかはわからないから、全資産均等な投資割合になるように投資するんだ!

その結果、出来上がったアセットアロケーションがこちらです。

8資産アセット

投資可能な資産クラスすべてに均等に投資する作戦!

当時はこれが最高の分散投資だと信じていました。

STAMインデックスファンドシリーズでインデックス投資開始!

このアセットアロケーション、現在では、実は全く同じ構成のバランスファンドが販売されています。(eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

しかし、当時はこんな便利な商品はありませんでしたから、STAMインデックスシリーズ(現SMTインデックスシリーズ)を個別購入して、ポートフォリオを組んでいました。

私が投資を始めたころは、ちょうど、このSTAMインデックスシリーズが発売された頃で、日本で低コストのインデックスファンドへの投資が可能になった最初の時期でした。

相場環境が整い始めた時期にインデックス投資に興味を持てたことは、非常に幸運だったと思います。

投資を始めた時期も最高だった!

また、私がインデックス投資を始めた時期も最高でした。

私が大学4年生の時、リーマンショックが発生。

その翌年4月から投資を始めたので、今振り返ってみると、相場はまさに底値でした。

底値圏でたんたんとインデックスファンドを仕込み、その後大きな相場回復の波に乗ることになるわけです。

本当に偶然ですが、これ以上ないくらい、幸運に恵まれたインデックス投資家デビューでした。

まとめ

大学でインデックス投資に出会った私は、社会人になるとすぐさま証券口座を開設し、オリジナルの8資産均等ポートフォリオを組んでインデックス投資を始めます。

私がインデックス投資を始める少し前、低コストインデックスファンドのパイオニアである、STAMインデックスシリーズが誕生し、インデックス投資の環境が本格的に整い始めていたのも幸運でした。(eMAXISシリーズはまだありませんでした。)

さらに、偶然にもリーマンショック後の底値の時期と最高のタイミングでインデックス投資家となることができました。

低コストのインデックスファンドで最高の時期にインデックス投資に参入した私。

当然、その後は快進撃が始まります。

次:アクティブなインデックス投資?「利回り重視ポートフォリオ」

初心者でも簡単!投資信託1つでプロにも負けないシンプルインデックス投資法へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください