【忙しい社会人へ】FP3級に独学で合格したおすすめテキスト・問題集

過去問

スキルアップや仕事で必要になったからという理由で、FP3級を受検しようと決意し、まずはテキストや問題集を買ってこようと考えているあなた。

でも、本屋さんにはたくさんのテキスト・参考書があって、どれを買ったらいいのかよくわからないですよね。

本日はそんなあなたに、私がFP3級に90%を超える得点で合格した時に使っていたテキストと問題集を紹介したいと思います。

特に忙しい社会人におすすめの参考書となっていますので、仕事をしながらFP3級の合格を目指している人は必見ですよ!

【忙しい社会人へ】FP3級に独学で合格したおすすめテキスト・問題集

私がおすすめするFP3級のテキスト・過去問題集は、TAC出版のスッキリわかる FP技能士3級です。

実はこの参考書、表紙に書いてあるように、テキストと問題集が1つになったものになります。

この1冊を完璧にするだけで、学科試験・実技試験ともに十分合格圏内に達することができますが、より完璧を求める人には、こちらの問題集(予想模試)を追加でやっておくことをおすすめします。

それでは、この2冊をおすすめする理由を解説していきます。

スッキリわかるFP技能士3級は、忙しい社会人にピッタリのテキスト

そもそも、最適なテキストというのは、どんなテキストなのでしょうか。

私は、FP3級という勉強範囲の全体の概要を、おおまかに素早く理解することができるテキストが初学者に最適なテキストだと考えています。

FP3級初学者にとってのテキストの役割は、FP3級という科目の概要把握なんです。

実際に知識を定着させる、問題を解けるようにするという作業は、テキストを読むよりも、問題演習で行ったほうが効率が良いと考えています。

その観点からすると、スッキリわかる FP技能士3級は次の理由から、実に最適なテキストなんです。

とにかく薄い

FP3級は試験範囲が膨大なため、書店に置いてあるテキストはどれも想像以上に分厚いものが多いと思います。

そんな中、スッキリわかるFP技能士3級は群を抜いて薄いテキストです。

しかも、テキスト+過去問が合体した構成になっているので、厳密にテキスト部分だけを見ると、それはそれは薄いテキストなんです。

スッキリわかるFP技能士3級は、最初から出題範囲のすべてをカバーすることを諦め、よく出る大事なところに絞って説明してあります。

テキストの目的は概要把握ですから、大事なところを高速で勉強できるこのテキストは理にかなっているのです。

特に、忙しい社会人は学生と違って勉強時間があまり確保できませんから、あまり分厚いテキストを使うとなかなか読み終わりません。

薄いテキストを高速で読み切って、他の社会人学習者に差をつけましょう!

説明がわかりやすい

薄いテキストなんだから、説明が少なくてわかりにくいんじゃないの?と思ったそこのあなた。

いえいえ、そんなことはありません!

説明はやさしい言葉で書かれていて読みやすく、「係数を覚えていなくても計算問題が解ける裏技!」なんていう実践的なテクニックも載っていて、私は非常に助かりました。(私はこれのおかげで苦手だった係数問題が大の得意に変身しました。)

もちろん、紙面が限られているので、「そこ、もうちょっと説明してほしいんだけどなぁ」と思うところもあるにはあります。

ただ、実はそれって、FP3級に合格するためには不要な部分だったりするんですよね。

FP2級合格やそれ以上の目標を達成するために身につければ良い知識ですので、まずは「そういうものなんだ」と思って、FP3級に合格するための基本を、身につけてしまいましょう。

言うなれば、説明が詳しすぎず、いいところで止まっているテキストといったところです。

大人気テキスト「みんなが欲しかった! FPの教科書 3級」で私は挫折した。

実は、スッキリわかるFP技能士3級はちょっとだけマイナーなテキストです。

どこの本屋にも置いていて、しかも目立つ場所に置かれているのは、みんなが欲しかった! FPの教科書3級というテキストです。

試験会場でもこのテキストを持っている人が圧倒的に多い印象でしたし、スッキリわかるFP技能士3級のようなちょっとマイナーなテキストよりも、ベストセラーのテキストの方が良いのでは?と思うかもしれません。

しかし、何を隠そうこの私、最初にこのテキストでFP3級の勉強を始めて、一度FP3級の受検を挫折した経験があります。

確かに良い参考書だとは思うのですが、初学者にはちょっとだけおすすめしにくい要素があるのです。

量が多い!

みんなが欲しかった! FPの教科書 3級を、初学者におすすめしにくい理由、それは量の多さです。

みんなが欲しかった! FPの教科書 3級は、初学者向けに丁寧に説明されたテキストです。

しかし、その丁寧さゆえに非常に分厚い仕上がりとなっています。

丁寧なテキストですから、もちろんこのテキストでも概要把握はできるのですが、スッキリわかる FP技能士3級と比べると読み終えるのにかなりの時間がかかると思います。

私は、FP3級を受検しようと思い立ち、「まずはテキストを読まないと始まらないよな!」と考え、ベストセラーだったこの本を購入しました。

しかし、サラリーマンだった私は、勉強するまとまった時間がなかなか取れません。

通勤電車の中など、細切れ時間で読み進めていた結果、1冊読み終わるのに、なんと1ヶ月かかってしまいました!

人によっては1週間で受かると豪語する人もいるFP3級で、テキストを通読するだけで1ヶ月!

なんとも効率の悪い勉強法と言うほかありません。

しかも、1回読んだだけでは内容を理解しきれず、最初の方は忘れてきてしまっているため、もう1度読むことに。

そうすると、テキストによる概要把握だけで2ヶ月目に突入です。

こうなると、モチベーションを保てず、だんだんFP3級の勉強に手が伸びなくなってきて、最終的には挫折しました。

FP3級のテキストの役割は、FP3級の全体の概要をざっと理解することだと考えた場合、みんなが欲しかった! FPの教科書3級は、私にとっては少しオーバースペックだったような気がします。

情報量が多く、辞書としてはめちゃ優秀

みんなが欲しかった! FPの教科書3級は、丁寧に詳しく説明された分厚いテキストです。

そのため、わからないことがあった時に調べるための辞書としては、とても優秀なテキストだと思います。

分厚くて詳しいテキストは、概要把握としてよりも、わからないことを調べる辞書として使うことをおすすめします。

スッキリわかるFP技能士3級は、問題集としても優秀

スッキリわかるFP技能士3級は、テキストと問題集が一緒になった参考書です。

テキストの各項目の説明のあとに、すぐにアウトプットできるよう過去問が載っている構成となっています。

この過去問も意外と量があり、解説も結構詳しいので、テキストと一体になっていない、単独の問題集と比較しても負けていません。

また、わからないことがあれば直前のテキスト部分を読み返せば良いので、ある意味、最高に解説が詳しい過去問題集と言えるかもしれません。

スッキリわかるFP技能士3級の後半には、実技試験対策の特集も組まれており、FP協会で受検する人も、きんざいで受検する人も、この1冊で完璧に対策できるようになっています。

基本的には自分が受ける実技試験の部分だけをやっておけばOKですが、余裕がある人は、自分が受けない実技試験の問題も解いておくと、より実力がアップします。(私はやりました。)

もちろん、スッキリわかるFP技能士3級に載っている学科試験の問題は、すべて解けるようにしておいてくださいね。

完璧を求める人は、TAC直前予想 FP技能士3級を追加

スッキリわかるFP技能士3級をマスターするだけで、FP3級に合格するために必要な力は十分つきます。

ただ、「絶対に合格したいからより完璧を目指したい!」「単なる合格ではなく、高得点での合格を目指したい!」という人もいるでしょう。

そんな人には、追加で「TAC直前予想 FP技能士3級」をやっておくことをおすすめします。

この問題集はその名の通り、予想模試となっていて、本番形式で学科試験を3回分・実技試験を1回分(FP協会・きんざい)収録されています。

また、冒頭には計算問題特集も収録されていて、苦手な人も多い計算問題を集中的に演習することができます。

解説はちょっとアバウトなところがあるのですが、スッキリわかるFP技能士3級をマスターした人であれば、十分理解できるはずです。

この問題集も完璧にしておけば、試験本番では90%以上、限りなく満点に近い点数が狙えるレベルに到達できるでしょう。

【関連記事】【忙しい社会人へ】FP3級のおすすめオンライン通信講座「スタディング」を紹介

まとめ

以上、FP3級受検の経験をもとに、FP3級のおすすめテキスト・過去問題集を解説しました。

忙しい社会人は、テキストはFP3級の内容をざっと理解するものと割り切って、大事なことを素早く勉強できるスッキリわかるFP技能士3級がおすすめです。

テキスト+問題集となっていて、実技試験対策までカバーしているため、問題集としても使うことができます。

スッキリわかるFP技能士3級だけで、合格基準である60%は超えられるはずです。

私がスッキリわかるFP技能士3級をマスターした段階での感触は、70%はいけるなと感じました。

ただ、私のように心配性で、「より完璧を目指したい!」と思っている人や、時間的に余裕がある人には、追加で「TAC直前予想 FP技能士3級」をおすすめします。

こちらは過去問題集ではなく、予想模試なので、本番形式も体験できますし、スッキリわかるFP技能士3級に載っている過去問と問題が被らないのもいいところです。(似ている問題は出ます。FP3級試験自体が過去問の使いまわしが多いです。)

ここまでやれば絶対にFP3級に高得点で合格できるはずです。

忙しい社会人の人が独学するのなら、今回紹介したテキスト・過去問題集を使用するのが最速の方法だと自信を持っておすすめします。

ぜひ参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください