【レビュー】「みんなが欲しかった! FPの問題集3級」これをマスターすれば高得点合格間違いなし!

みんなが欲しかった! FPの問題集3級

こんにちは。2級FP技能士の針井です。

本屋さんで「みんなが欲しかった! FPの問題集3級」を見ている、または、ネットで「みんなが欲しかった! FPの問題集3級」を知って購入しようか迷っているそこのあなた。

「みんなが欲しかった! FPの問題集3級」はどんな問題集なの?自分に合いそう?コレ1冊で大丈夫?などなど、購入前に知っておきたいですよね。

そこでこの記事では、「みんなが欲しかった! FPの問題集3級」がどんな特徴を持った参考書なのか、どんな人に合う参考書なのか、徹底解説していきます。

【レビュー】みんなが欲しかった! FPの問題集3級

【レビュー】みんなが欲しかった! FPの問題集3級

みんなが欲しかった! FPの問題集3級は、収録問題数が充実している人気No.1問題集です。

使いこなすことができれば、最強の問題集になります。(使いこなすのが少し難しいですが・・・。)

私の「みんなが欲しかった! FPの問題集3級」に対する総合評価は次の通り。

みんなが欲しかった!!FPの問題集3級

1つずつ、詳しく解説していきましょう。

ページ構成:評価2

「みんなが欲しかった! FPの問題集3級」のページ構成の評価は低めです。

その理由は、解答解説が別冊方式になっているからです。

解答解説が別冊方式だと、勉強する時に本冊と別冊の2冊を広げる必要があります。

これだと、しっかり机に向かって勉強する時間が確保できないとなかなか勉強が進みません。

特に忙しい社会人は、通勤電車の中などのスキマ時間で勉強することが多いと思います。

電車の中で本冊と別冊の2冊を広げながら勉強するというのはかなりキツイので、主に机の上で勉強する人じゃないと、解答解説が別冊方式の「みんなが欲しかった! FPの問題集3級」は使い勝手が良くありません。

逆に、机の上で勉強する時間があり、問題を解くときに答えが見えない方が良いという人には合っているでしょう。

学科問題数:評価5

「みんなが欲しかった! FPの問題集3級」(2020年~2021年版)に収録されている学科試験の問題数は、数えてみたところ422問でした。

「みんなが欲しかった! FPの問題集3級」の収録問題数は、他のFP3級の問題集と比べて圧倒的に充実しています。

過去問は、たくさん解けば解くほど得点力が付くのは間違いありません。(もちろん解くだけではなく、理解して覚えることが前提ですが。)

「たくさんの過去問をマスターして、万全の状態で受検したい!」と思っている人や、試験慣れしている勉強が得意な人には、「みんなが欲しかった! FPの問題集3級」は最適な問題集でしょう。

逆に、「あんまり勉強は特異じゃないんだけど・・・。」という人は、問題数が多すぎて消化不良になる可能性があるため、注意が必要です。

実技問題数:評価5

「みんなが欲しかった! FPの問題集3級」(2020年~2021年版)に収録されている実技試験の問題数は、数えてみたところ75問でした。

これも、FP3級の問題集の収録問題数としては圧倒的に多い数です。

FP3級の実技試験は、学科試験と比べて少し応用力や計算力が問われるので、しっかり対策しておきたいと思っている人も多いでしょう。

そういう人も、これだけの実技問題の過去問をこなせば、相当自身が付くと思いますよ。

解説の詳しさ:評価2

「みんなが欲しかった! FPの問題集3級」は、他のFP3級の問題集と比べて圧倒的な問題数を収録しているので、解説の詳しさはある程度、犠牲になっています。

問題によっては、〇とか✖などの答えしか書いておらず、解説がゼロの場合もあります。

解説が詳しい問題集が好きな人も多いと思いますが、そういう人にはちょっとおすすめしにくい問題集ですね。

結構、資格試験上級者向けの問題集だと思います。

コスパ:評価3

「みんなが欲しかった! FPの問題集3級」は、学科試験も実技試験も収録問題数がとても多く、たっぷり問題を解きたい人にとってはお得感のある問題集です。

ただ、その分、解説はかなりあっさりしていますし、問題集の最後に収録されているのオリジナル予想模試ではなく、直近の本試験問題というのも注意が必要です。

直近の本試験問題と同じ問題は、次の試験でほぼ間違いなく出ることはないでしょう。

それなら、予備校などが次の試験問題を本気で当てにいった予想模試をやっておきたいという人が多いのではないでしょうか。

そもそも、本試験問題と解答は、HPで無料公開されていますしね。

収録問題数は多いのですが、解説の薄さと、最後の本番練習が予想模試ではなく本試験問題という点を考慮して、コスパは3とさせていただきました。

「みんなが欲しかった! FPの問題集3級」をおすすめできるのはこんな人!

「みんなが欲しかった! FPの問題集3級」がおすすめな人

「みんなが欲しかった! FPの問題集3級」は、こんな人におすすめできます。

  • たくさんの過去問を解きたい人
  • 自力で問題を解きたい人
  • 机で勉強するタイプの人

「みんなが欲しかった! FPの問題集3級」は、とにかく収録過去問数が多い問題集ですので、たくさんの過去問を解いて本番に備えたい人におすすめです。

また、解答解説が別冊方式なので、「まずは自分の力で問題を解いてから解説を読みたい!」というタイプの人も使い勝手が良いでしょう。

別冊方式の解答解説はかなり場所を取るので、電車の中などのスキマ時間で勉強する人よりは、キチンと机に向かって勉強できる人が合うでしょうね。

逆に、「みんなが欲しかった! FPの問題集3級」をおすすめできない人はこんな人です。

  • 試験まで時間がない人
  • 机に向かって勉強する時間が取れない人

まず、FP3級の試験本番まで時間があまりない人は、「みんなが欲しかった! FPの問題集3級」には手を出してはいけません。

「みんなが欲しかった! FPの問題集3級」は他のFP3級の問題集よりも収録問題数が格段に多いので、時間がない状況で使うと、まず間違いなく消化不良のまま試験を受けることになります。

目安として、「みんなが欲しかった! FPの問題集3級」をマスターするためには最低でも1ヶ月以上は必要だと思います。(もちろん、1日の勉強時間やその人の能力にもよりますが・・・。)

もしFP3級の試験本番まで1ヶ月を切っているのなら、「FPの学校3級これだけ!問題集」のような薄い問題集を使った方が良いでしょう。

また、机に向かって勉強する時間がなかなか取れない人は、「みんなが欲しかった! FPの問題集3級」を使うべきではありません。

私も学生の時は「勉強は机でするもの」だったのですが、社会人となり、子供も小さい現在は、通勤電車の中や、ちょっと手が空いた時に隙を見て勉強するしかありません。

そのため、なかなか机で勉強する時間が取れなくなっています。

そういう人は、解答解説が別冊になっていてとにかくかさばる「みんなが欲しかった! FPの問題集3級」よりも、左ページに問題文・右ページに解答解説というページ構成になっている問題集の方が、サッと勉強しやすいと思います。

具体的には、「FPの学校3級これだけ!問題集」や、「スッキリとける過去+予想問題FP技能士3級」が、左ページに問題文・右ページに解答解説の見開き構成になっている問題集です。

みんなが欲しかった! FPの問題集3級のまとめ

みんなが欲しかった! FPの問題集3級のまとめ

「みんなが欲しかった! FPの問題集3級」は、FP3級の問題集の中で1番売れている定番問題集です。

そのため、どの本屋にもたいてい置いていますし、収録過去問数も多く、「みんなが欲しかった! FPの問題集3級」をマスターすれば間違いなくFP3級に高得点で合格できます。

ただ、問題数が多い分、解説は少しあっさりしていますし、これだけの問題数を消化するのは結構大変なので、使いこなすのが少し難しい点には注意が必要です。

Amazonでは試し読みもできるので、まずは中身をチェックしてみてくださいね。

>>FP3級テキスト・問題集おすすめランキングに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください