【レビュー】「史上最強のFP3級テキスト」は試験範囲の96.4%をカバーした安心のテキスト

史上最強のFP3級テキスト

こんにちは。2級FP技能士の針井です。

本屋さんで「史上最強のFP3級テキスト」を見ている、または、ネットで「史上最強のFP3級テキスト」を知って購入しようか迷っているそこのあなた。

「史上最強のFP3級テキスト」はどんな参考書で、自分に合いそうかどうか、知りたいですよね。

そこでこの記事では、「史上最強のFP3級テキスト」がどんな特徴を持った参考書なのか、どんな人に合う参考書なのか、徹底解説していきます。

【レビュー】史上最強のFP3級テキスト

【レビュー】史上最強のFP3級テキスト

史上最強のFP3級テキストは、試験範囲の96.4%をカバーしていることを実測の上、公表している唯一のFP3級テキストです。

このテキストの総合評価は次のとおり。

史上最強のFP3級テキスト

1つずつ、詳しく解説していきましょう。

コンパクト:評価4

「史上最強のFP3級テキスト」は、FP3級試験の範囲のほとんどをカバーしている高いカバー率が特長のテキストですが、その割には、コンパクトな仕上がりになっています。

「史上最強のFP3級テキスト」と同じく、詳しく内容が書かれている「みんなが欲しかった!FPの教科書3級」が443ページあるのに対し、「史上最強のFP3級テキスト」は384ページと、およそ60ページも少なくなっています。

コンパクトな方が早く読み終えることができますので、「史上最強のFP3級テキスト」の薄さはうれしいですね。

詳しさ:評価4

「史上最強のFP3級テキスト」の最大の特長は、過去のFP3級の試験問題を徹底的に分析し、そのほとんどの問題をカバーできるようにテキストが作られていることです。

受検生は、「テキストに載っていない問題が出たらどうしよう・・・!」という不安をどうしても感じてしまい、「今やっているテキストと違うテキストも読んだ方がいいのかな?」という気持ちになることも多いと思います。

しかし、「史上最強のFP3級テキスト」は、過去のFP3級試験を分析し、その中の96.4%の問題をカバーできるように作られていることが明言されているので、「このテキストをやっておけば、ほとんどの問題は解けるようになるんだ」と、テキストを信じることができます。

この安心感こそが、「史上最強のFP3級テキスト」を使うメリットです。

わかりやすさ:評価3

「史上最強のFP3級テキスト」のわかりやすさは普通です。

圧倒的なカバー率の割に、非常にコンパクトにまとまったテキストですので、初学者に対してかみ砕いて丁寧に解説するというよりは、重要なポイントをコンパクトにまとめることに力がそそがれています。

ただ、必要なことはきちんと書かれていますし、オールカラーでとても見やすいテキストなので、十分な説明だと思います。

テクニック:評価3

「史上最強のFP3級テキスト」は、もちろんFP3級に合格することを目的に作られているのですが、いわゆる受検テクニックを前面に出したテキストではなく、解説もオーソドックスです。

そのため、どんな人でも違和感なく使うことができると思います。

コスパ:評価3

FP3級のテキストとしてはこの「史上最強のFP3級テキスト」1冊で間違いなく十分です。

なにせ、試験範囲の96%以上をカバーしたテキストですから。

しかし、それじゃあこのテキストを読み込むだけで合格できるかというとそうではなく、過去問題集をやって、「試験問題を解くこと」に慣れる必要があります。

そのため、「史上最強のFP3級テキスト」だけでは合格できず、過去問題集を買う必要があるので、コスパとしては普通ですね。

「史上最強のFP3級テキスト」をおすすめできるのはこんな人!

「史上最強のFP3級テキスト」をおすすめできる人

「史上最強のFP3級テキスト」は、こんな人におすすめできます。

  • 試験範囲を網羅したテキストで安心して勉強したい人
  • 完璧主義な人
  • FP3級試験まで時間がある人

逆に、「史上最強のFP3級テキスト」をおすすめできない人はこんな人です。

  • 満点は狙わず、合格点を最速で超えることを目標にしている人
  • FP3級試験まで時間がない人

それぞれ順番に見ていきましょう。

「史上最強のFP3級テキスト」をおすすめできる人

「史上最強のFP3級テキスト」をおすすめできる人は、試験範囲を網羅したテキストで安心して勉強したいという、完璧主義な人です。

世の中にはFP3級試験対策のテキストがたくさん出版されていて、「どのテキストでも、合格点を取るために必要な程度の知識はしっかり書かれているから、読みやすい1冊を選んでしっかり勉強するように」とアドバイスされることが多いです。

しかし、テキストによって書かれている内容は微妙に異なり、「このテキストには書いてないけど、あのテキストには書いてある!」という部分が存在するのも事実です。

自分が使っているテキストをマスターすれば、試験に出てくる問題のどれぐらいをカバーできるのかということは、私たち受検生にはわかりません。

そのため、下手をすれば、「漏れがあるのが不安で、テキストを2冊も3冊も買ってしまう」ということになりかねないのです。

そうなりそうな「完璧主義」な気質のある人は、ぜひ、「史上最強のFP3級テキスト」を使うことをおすすめします。

「史上最強のFP3級テキスト」は、過去の試験問題を徹底的に分析し、できるかぎりの問題に対応できるようにテキストを構成しています。

最新の20-21年版のテキストでは、過去の試験問題の96.4%をカバーしていることを公表しており、「このテキストを使えば、ほとんどの問題に対応できるんだ!」という安心感を与えてくれるのです。

この安心感がとても重要で、この安心感があるからこそ、「完璧主義」な人たちも他のテキストに浮気せず、この「史上最強のFP3級テキスト」1冊を信じてやり抜くことができるのです。

ちなみに、「史上最強のFP3級テキスト」は試験範囲のほとんどを網羅したそれなりにボリュームのあるテキストですから、FP3級試験本番まである程度の時間が必要です。

少なくとも、FP3級試験本番まで1ヶ月以上はないと、手を出すのは危険なテキストです。

「史上最強のFP3級テキスト」をおすすめできない人

「史上最強のFP3級テキスト」をおすすめできない人は、「合格点を取れる実力がつけばそれでいい」と考えている人や、「FP3級試験本番まで時間がない人」です。

「史上最強のFP3級テキスト」は過去の試験問題を分析し、そのほとんどの問題が解けるように構成されたテキストですが、実際問題として、FP3級試験は60%の問題が解ければ受かります。

「完璧主義」とは反対の「合格主義」、つまり、「高得点を取れなくても良いから、とにかく合格点が欲しいんだ!」という人にとっては、「史上最強のFP3級テキスト」の96.4%というカバー率は、それほど魅力的な特長ではありません。

また、FP3級試験本番まで時間がない人は、それなりにボリュームのある「史上最強のFP3級テキスト」をやっていては、そもそも間に合わないという問題もあります。

短期間で合格点を狙える実力を付けたいと思っている人にとっては、「史上最強のFP3級テキスト」はあまりおすすめできないテキストです。

「史上最強のFP3級テキスト」が合わない人におすすめのテキストは?

それでは、そんな「史上最強のFP3級テキスト」が合わない人におすすめのテキストはなんでしょうか?

短期間で合格点を狙いに行きたい人には、「史上最強のFP3級テキスト」の代わりに、「スッキリわかるFP技能士3級」をおすすめしたいと思います。

スッキリわかるFP技能士3級」は、FP3級試験対策のテキストの中で、最速で合格点が狙えるテキスト兼問題集だからです。

合格ラインを少し超える70%ぐらいがこの1冊で狙えるうえに、他のテキストと比べて圧倒的に薄く、問題集も一緒になっているので、これ1冊でFP3級試験対策が実技まで完成するという優れものです。

もちろん、「史上最強のFP3級テキスト」の方がカバー率が高く、しっかりやれば「史上最強のFP3級テキスト」の方が力が付くと思いますが、時間がない場合は「スッキリわかるFP技能士3級」を使った方が合格しやすいと思います。

「史上最強のFP3級テキスト」のまとめ

史上最強のFP3級テキストまとめ

「史上最強のFP3級テキスト」は、過去の試験問題を分析し、どれくらいの問題がこのテキストの知識で解けるかというカバー率を前面に打ち出した、ユニークなFP3級テキストです。

そのカバー率は96.4%という高い水準を誇り、「このテキストを全面的に信用していいのか?(このテキストと心中して大丈夫か?)」という受験生の悩みや不安を解消しようとした試みは、とても意義深いものだと思います。

もし、あなたが少し「完璧主義」的なところがあって、テキストに書かれていないことが試験に出ることを心配しているなら、ぜひ、「史上最強のFP3級テキスト」を使うことをおすすめします。

Amazonではテキストの中身を少し見ることができますので、チェックしてみてくださいね。

»FP3級テキスト・問題集おすすめランキングに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください