【レビュー】スッキリわかるFP技能士3級は最速でFP3級合格を狙える1冊だ!

スッキリわかるFP技能士3級

こんにちは。2級FP技能士の針井です。

本屋さんで「スッキリわかるFP技能士3級」を見ている、または、ネットで「スッキリわかるFP技能士3級」を知って購入しようか迷っているそこのあなた。

「スッキリわかるFP技能士3級」はどんな参考書で、自分に合いそうかどうか、知りたいですよね。

そこでこの記事では、「スッキリわかるFP技能士3級」がどんな特徴を持った参考書なのか、どんな人に合う参考書なのか、徹底解説していきます。

【レビュー】スッキリわかるFP技能士3級

【レビュー】スッキリわかるFP技能士3級

スッキリわかるFP技能士3級は、要点に絞った学習で、時間のない受検生がこれ1冊で最速合格を狙える「テキスト兼問題集」です。

私の「スッキリわかるFP技能士3級」に対する総合評価は次の通り。

スッキリわかるFP技能士3級評価

1つずつ、詳しく解説していきましょう。

コンパクト:評価5

「スッキリわかるFP技能士3級」は、FP3級のテキストの中でトップクラスに薄いテキストです。

例えば、FP3級のテキストの中で1番売れている「みんなが欲しかった! FPの教科書3級」というテキストは443ページあります。

一方、「スッキリわかるFP技能士3級」は、テキストと問題集、実技試験対策までセットになって、428ページしかありません。

「みんなが欲しかった! FPの教科書3級」を使う場合は、別売りの問題集もやる必要があるので、合計で700ページ以上の勉強が必要です。

そう考えると、「スッキリわかるFP技能士3級」がいかにコンパクトにまとまっているかということがわかると思います。

詳しさ:評価3

「薄い参考書ということは、説明が少ないんじゃないの?」と思うかもしれません。

しかし、「スッキリわかるFP技能士3級」は、試験に出ない細かいところを省略することで薄くしているので、必要なことはしっかり書いてあります。

大事なことがコンパクトにまとまっていることで、細かいことまでビッシリ書いてあるテキストよりもかえって覚えやすいと思います。

わかりやすさ:評価3

熱血クマ講師「Shuzo」なるキャラクターが時々癖のあるコメントをはさんできますが、テキストの薄さのわりにはわかりやすく解説されてるなと感心する仕上がりです。

もちろん、紙面の都合上、「だいたいこんな感じなんだよ」という理解で終わる説明になっているところも多いですが、そもそもFP3級が「だいたいこんな感じ」という理解で良い試験なので、それで十分です。

「スッキリわかるFP技能士3級」はテキスト+問題集となっていますが、問題集部分の解説も、詳しいとは言えませんが、〇✖だけでなく、必要なポイントをおさえた解説が書かれています。

テクニック:評価5

FP3級で多くの人が最初につまずくのが、「6つの係数が覚えられない」ということだと思いますが、「スッキリわかるFP技能士3級」では、「6つの係数を忘れても解ける裏ワザ」が紹介されており、私はメチャクチャ助かりました。

このように、「スッキリわかるFP技能士3級」では、随所に超実践的なテクニックが書かれているほか、試験まで数日までしかない人が合格するための秘伝の書が「袋とじ」で付いているなど、ちょっと笑ってしまうくらい、FP3級試験に短期間で合格するための参考書という哲学が徹底されています。

コスパ:評価3

「スッキリわかるFP技能士3級」は、テキストと問題集がセットになっており、実技試験対策も載っているので、「スッキリわかるFP技能士3級」を完璧にすれば十分合格ラインに到達します。

私も「スッキリわかるFP技能士3級」で勉強したのですが、この1冊を完璧にした段階で、学科試験も実技試験も80%を超える点数が取れるようになっていました。

他の参考書だとテキストと問題集の2冊を買い揃えることが必須なので、コスパは最高に良いと思います。

「スッキリわかるFP技能士3級」をおすすめできるのはこんな人!

スッキリわかるFP技能士3級がおすすめな人

「スッキリわかるFP技能士3級」は、こんな人におすすめできます。

  • 分厚いテキストを読むのが嫌な人
  • 勉強時間が取れない忙しい社会人
  • FP3級の試験日まで時間のない人
  • とにかくFP3級試験の合格が目標の人
  • 参考書代を安くすませたい人

「スッキリわかるFP技能士3級」の特長は、他のFP3級の参考書よりも圧倒的に薄く、最速で勉強できることです。

そのため、特に忙しい社会人や、試験日まで時間がない人など、勉強時間が限られている人には特におすすめの参考書です。

また、FPとしての詳しい知識を身につけるというよりは、試験に出るところに絞って効率よく勉強するために作られていますので、「細かいことは良いんだよ!とにかく試験に出るところと解き方を教えてくれ!」というFP3級に合格しないと始まらない人にとっても良い参考書でしょう。

「スッキリわかるFP技能士3級」なら、わざわざ問題集を買う必要もないので、参考書代が安く済むというメリットもあります。

逆に、「スッキリわかるFP技能士3級」をおすすめできない人はこんな人です。

  • FPとしての知識が網羅されている詳しいテキストが欲しい人
  • 正統派のテキストを読みたい人

テキストには、「わからないことがあった時に調べる」という役割もあります。

しかし、「スッキリわかるFP技能士3級」は細かい部分を省いてある上、問題集もセットになっているので、辞書のような使い方をする場合はかなり不便だと思います。

また、熱血クマ講師「Shuzo」のキャラの濃さや、巻末に「袋とじの秘伝の書」が付いているなど、かなり癖はあるテキストなので、正統派の参考書で勉強したいという人は、他のテキストを選んだ方が良いです。

多分、男はこういうテキストが好きなんですけど、女性は合わない人が多いかもしれませんね。(汗)

「スッキリわかるFP技能士3級」のまとめ

スッキリわかる技能士3級まとめ

「スッキリわかるFP技能士3級」は、私がFP3級試験を受検する時に使用し、とても助けられたテキスト+問題集です。

分厚い参考書を読むのが苦手な人は多いと思いますが、「スッキリわかるFP技能士3級」はFP3級のテキストの中でもっとも薄い部類に入ります。

また、問題集の解説も結構よく、これ1冊を極めれば本当に合格できるように作られています。

特に、忙しい社会人なんかにおすすめしたいですね。

Amazonでは試し読みもできるので、ぜひチェックしてください。

>>FP3級テキスト・問題集おすすめランキングに戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください