FP3級合格に必要な勉強時間はズバリ40時間。その内訳も公開!

FP3級の勉強を頑張っているそこのあなた。

ふとした時に、「どれぐらいの時間、勉強したら、合格レベルに到達できるのだろう?」「今の勉強時間で足りてるのかな?」と不安になることはありませんか?

そこで本日は、FP3級の合格レベルに到達できる勉強時間の目安を、ズバッと発表してしまいます。

これできっと、あなたもFP3級合格のゴールが見えてくるはずです。

FP3級合格に必要な勉強時間はズバリ40時間。その内訳も公開!

FP3級に合格するための力を身につけるために必要な勉強時間は、おおよそ40時間と試算します。

ただし、合格に必要な時間は厳密に言えば人それぞれ違います。

人によって本を読むスピードも違うし、使っているテキストの分厚さも違うし、これまでの人生で身につけてきた知識も違いますよね?

だから、人によって必要な勉強時間は違うのが当たり前なのです。

それを前提にしたうえで、効率的に勉強すれば、大体の人が合格レベルにたどり着けるんじゃないかと試算した勉強時間が、40時間であるということをご理解ください。

それでは、40時間の内訳を詳しく見ていきましょう。

勉強方法は、テキスト1周+過去問題集3周

FP3級に合格するためには、テキストを1回読んで概略をつかみ、過去問題集を3回ほど繰り返して内容を覚えてしまうことが必要だと考えています。

つまり、この作業にかかる時間が、FP3級に合格するために必要な勉強時間となるわけですね。

テキスト1周に10時間

まずは、テキストを1回読みます。

この時に使用するテキストの分厚さや、読む人のスピード、集中力にもよりますが、おおよそ10時間ぐらいあれば、1回読み終わるのではないでしょうか。

テキストを読み終わったら、過去問題集に移ります。

過去問題集1周10時間×3回=30時間

使用する過去問題集によって掲載問題数も違うと思いますが、私の経験上、学科試験・実技試験あわせて300問程度の重要過去問を攻略しておけば、合格ラインには到達できると考えています。

これまた人によって問題をこなすスピードが違うと思うのですが、1問2分くらいで読み進めていけば、10時間で1周できます。

1問2分ではこなせなかったとしても、2周目、3周目になるとどんどんスピードも上がってきますから、だいたい30時間くらいの勉強時間で過去問練習を終えることができるのではないでしょうか。

このように、テキスト10時間+過去問題集30時間=40時間が、私の考えるFP3級合格のための勉強時間です。

勉強期間=1日何時間勉強するか

FP3級の勉強時間は何時間必要かという疑問と同様、FP3級に合格するためにはどれくらいの期間が必要かというのもよくある疑問です。

この答えは簡単で、FP3級に合格するためには40時間必要だということが(一応目安として)わかったわけですから、それをもとに計算すれば良いのです。

例えば、1日1時間勉強するのであれば40日必要ですし、1日6時間勉強できるのであれば、1週間で合格といった具合です。

40時間勉強すれば必ず合格できるわけではない

ここで注意してほしいのが、合格するために必要な勉強をするためには、だいたい40時間ぐらいかかるだろうなというお話をしているのであって、40時間勉強しさえすれば、どんな勉強法でも合格できるわけではないということです。

過去問を解かずにテキストばっかり読んでいたり、過去問題集を次々と買い替えて中途半端に取り組んでいるようでは、40時間勉強したとしても、合格レベルには到達していないでしょう。

重要なのは勉強した時間ではなく、勉強した内容だということを忘れないでください。

関連記事

まとめ

以上、FP3級合格のために必要な勉強時間について解説してきました。

FP3級に合格するためには、テキスト1周+過去問題集3周程度の勉強が必要であり、それには40時間ぐらい必要になるだろうというのが結論です。

もちろん、もっと短時間で要領よく合格を勝ち取る人もいると思いますし、もっと長い時間をかけて、確実に合格を狙いに行く人もいると思います。

私自身も、実際にはテキスト1周+過去問題集3周に加えて、予想模試を繰り返し解くなどして、単なる合格ではなく、満点を狙う気持ちで勉強していました。

今回ご紹介した40時間という時間を一つの目安にしながら、できる限り勉強時間を確保して、試験に挑むようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください