FP3級の難易度は低め!その理由を徹底分析してみた。

FP3級の資格を取ってみようかな・・・と考えているあなた。

受けるからには、FP3級の難易度は高いのか、低いのか、気になりますよね。

そこで今回は、FP3級の合格難易度について、多角的に徹底分析してみます。

FP3級の難易度は低め!その理由を徹底分析してみた。

実際に受検し、合格した私の実感ですが、数ある資格試験の中でも、FP3級の難易度は低めだと感じました。

なぜなら、ファイナンシャルプランニングについての予備知識がなくても、短時間の勉強で、ほとんどの人が合格できる試験だからです。

その証拠に、FP3級の合格率は60%を超える高い水準にあります。

FP3級試験は、なぜ合格率が高く、難易度が低めなのでしょうか。

私は次の5つの理由があると考えています。

  1. 市販の教材が充実している
  2. 資格スクールや通信教育の取り扱いが多い
  3. 得点しやすい出題形式
  4. 60点以上で合格の絶対評価
  5. 過去問中心の出題

一つ一つ、解説していきましょう。

1.市販の教材が充実している

FP3級は年間10万人以上が受検する人気資格ということもあって、市販のテキスト・問題集が充実しています。

そのため、独学で0から知識を身につけることができ、市販の教材だけで合格レベルまで十分到達することができます。

これがマイナー資格だと、良い教材を入手することが難しく、独学の難易度が一気に上がってしまいます。

[blogcard url=”https://financial-advice.jp/fp3-textbook/”]

2.資格スクールや通信教育の取り扱いが多い

独学はどうも苦手で、学校や通信教育で教えてもらわないと勉強できないというタイプの人もいると思います。

前述のとおり、FP3級は人気資格ですので、TACやLECといった大手資格試験予備校、ユーキャンのような通信教育でも講座が開講されています。

自分で勉強方法を考えたり、テキストを読んで勉強するのは無理!誰かに教えてもらいたい!という人にも、学習環境が整っています。

もし、スクールや通信教育でFP3級の勉強がしたいのであれば、スマホでいつでも動画講義視聴・問題演習ができ、料金も非常に良心的な、「スタディング」のオンライン通信講座を私はおすすめしています。

[blogcard url=”https://financial-advice.jp/fp3-studying/”]

3.得点しやすい出題形式

FP3級試験は学科試験と実技試験の両方に合格して初めて取得できます。

こう書くと実に難しそうな試験ですが、学科試験も実技試験も両方筆記試験です。

しかも記述問題は出題されず、学科試験が2択問題と3択問題、実技試験が4択問題のマークシート方式になっています。

そのため、非常に得点しやすく、場合によっては、まぐれで数点稼ぐことすら可能です。

4.60点以上で合格の絶対評価

資格試験には、上位〇%を合格とする相対評価の試験と、〇点以上取った人を全員合格とする絶対評価の試験があります。

FP3級試験は、学科試験・実技試験ともに60点以上で合格の絶対評価の試験です。

そのため、極端な話、受検生全員が60点以上を取れば、全員を合格にしてくれます。

また、この60点というハードルも、得点しやすい出題形式であることを考えると、非常に優しいハードルだと思います。

個人的には、資格の価値を高めるために、合格基準を70点以上に上げてほしいくらいです。(笑)

5.過去問中心の出題

FP3級試験は、年3回も実施されます。

当然毎回すべての問題を新しいものにすることはできず、新しい問題も出題されるものの、ほとんどの問題は過去問がそのまま、あるいは少し形を変えて出題されます。

そのため、重要過去問を攻略しておけば合格ラインに到達できるので、対策も難しくありません。

まとめ

以上、FP3級はその他の資格試験と比べて難易度が低めであることと、その理由を説明してきました。

FP3級は人気資格のため、市販の教材や予備校・通信教育の講座が充実しており、学習環境が整っています。

また、試験自体もマークシート式かつ60点という絶対評価の合格ラインのおかげで、一定の勉強をしてきた人であれば全員合格できる仕組みになっています。

出題も変わった問題は少なく、ほとんどは過去問で対策可能です。

このような条件が重なった結果、FP3級は多くの人が合格を手にする、難易度低めの資格試験となっているのです。

しかし、難易度が低め=勉強しなくても合格できるということではありません。

勉強せずに受検すれば、間違いなくちんぷんかんぷんで不合格になってしまいますから、そこは油断のないよう、しっかり勉強して受検するようにしてください。

ちゃんと勉強すれば、誰でも合格できる試験ですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください